腹筋を使うだけだと腰は痛いままです

こんにちは。
体軸コンディショニングの土屋です。

明けましておめでとうございます。
大型連休の人は今日から仕事始めでしょうか?
私も今日が初メルマガです。

年末年始はスペインで過ごしたのですが、
友人やその家族のみんなから、

「顔も体型も全く変わらないわね。」
「日本人はみんな歳をとらないの?」

などなど、特に女性たちから真剣な表情で
質問攻めにあいました。

お世辞ではない感じでしたので、私はヨガをやっていることを伝えました。

すると、その女性たちの中の一人が、

「私、ヨガをしていたけど体形を変えることが出来なかったわよ。」
「私はヨガをして腰が痛くなったのよ。」

このように言っていました。
そして、私が教えているヨガの特徴をお話したところ、とても驚いていました。

その特徴とは、

・インナーマッスルを使って身体を動かす。
・ポイントを押さえて効果的に行う。

この2点です。
しかし、言葉だけでは伝わらないので、「体感してみよっか」と言ったところ、
ヨガ経験者の方が「腰痛で出来ないと」言い、スネてしまいました…苦笑

僕が言った通りにやれば大丈だからと伝え、
戦士のポーズⅠをしてもらい、
腰が痛くなる手前のところでストップしてもらいました。

案の定、腰痛になるポイントが満載で、
お腹にすごく力を入れていました。
見た目で腹直筋を優位に使っているのが明らかなほどにです。

体幹のインナーマッスルで優位に使ってほしい主な筋肉は、

前鋸筋~内・外腹斜筋~横隔膜~腹横筋~大腰筋

これらの筋肉を連動させて動かすことにより、
機能的に体幹を動かすことが出来ます。

この筋肉のつながりが使えるように修正したところ、腰の痛みもなく戦士のⅠのポーズが取れるようになりました。
↓ 
その理由は…

*体軸コンディショニングの日々の活動をInstagramにて毎日更新しています。
体軸のInstagramをチェック

*過去の記事は以下のサイトで見れます。
過去のメルマガはこちら

**********************
■ご質問はこちら
メルマガに関するご質問や体軸に関するご質問はコミュニティにてお待ちしております。
初歩的な内容でも大丈夫ですので、お気軽にご質問ください。
例:どうしたらパフォーマンスが上がりますか?

コミュニティに参加して質問する
*承認ありがとうございました。などはお気持ちだけで結構ですので、コメント欄にはご質問のみご記入お願いいたします。

お友達に「カラダの通信講座」のメルマガを紹介またはシェアしてあげてください。
身体にまつわる役に立つ情報を随時発信していきます。
下記URLをお友達に紹介してください。
http://goo.gl/izo7MI