子宮を体感していますか

おはようございます。
体軸コンディショニングのヨガスクールマネージャー太田です。

突然ですが女性の皆さん、
自分の子宮がどこにあるかご存知ですか?

すぐに答えられた方、
一瞬考えてしまった方、
もしくは、どこにあるか答える自身がない方。
などなど、反応は様々でしょう。

「子宮がどこにあるのか。答える自信がない…。」

そういう方は、自分の子宮を知る機会が今まで無かったのかもしれません。

じつは、女性が自分の子宮がどこにあるのかわからない…
ということは、自分をどこかで認めていない証拠です。
女性は子宮を知り、子宮を体感することで、はじめて自分を認めることができるのです。

しかし残念なことに、子宮を体感できていない女性は多くいます。

そして、子宮を体感できない女性の悩みは尽きません。
生理痛やPMS、仕事のストレスに家庭の悩み…。
挙げたらキリがないくらい、現代の女性の悩みは多く抱えています。
それらの悩みは、子宮が体感できず、自分を認められない…
そんな理由が原因になっています。

では、女性が子宮を体感できる、一番のきっかけはいつでしょうか?

それは、女性の人生で一大イベントの一つである、妊娠・出産を迎えるときです。
愛する人との子供をお腹に宿し、子供の成長と同時に自分のお腹も膨らみます。
子宮の中に自分の子供がいると実感する瞬間は、まさに子宮を体感している、最高の瞬間だといえるでしょう。

しかし、妊娠・出産をしないと子宮を体感できないのかというと、そんなことはありません。
妊娠・出産は、あくまでもきっかけの一つです。

実は、女性が子宮を体感するきっかけは毎月あります。

そうです、女性には生理が毎月ありますよね。
この生理の時期は、子宮を体感するきっかけになります。

生理とは、妊娠するための準備を毎月しているものです。
これは、女性が妊娠するために必要なこと、女性にしか備わっていない大切な機能です。

本来生理は、自分の子宮を感じ、大事に愛おしく思える時間です。
しかし多くの女性は、この生理を快適に過ごせていない、煩わしいとさえ思ってします。

そんな生理を快適に過ごすためには、
あなたの子宮をいたわり、日頃からケアをしてあげることです。
そして、自分に子宮が「ある」ということを感じることです。

その方法として、まずはお腹の上から触れてあげましょう。
そして、骨盤内の血流を良くしてあげましょう。
骨盤内の血流が良くなると、子宮の血の巡りも良くなり、子宮の機能が整ってきます。
そうすると、子宮の活動を体の内側で感じはじめ、自分の子宮があることを認めやすくなるのです。
↓↓↓
自分の子宮を知り、子宮を体感する方法はこちら

*体軸コンディショニングの日々の活動をInstagramにて毎日更新しています。
体軸のInstagramをチェック

*過去の記事は以下のサイトで見れます。
過去のメルマガはこちら

**********************
■ご質問はこちら
メルマガに関するご質問や体軸に関するご質問はコミュニティにてお待ちしております。
初歩的な内容でも大丈夫ですので、お気軽にご質問ください。
例:どうしたらパフォーマンスが上がりますか?

コミュニティに参加して質問する
*承認ありがとうございました。などはお気持ちだけで結構ですので、コメント欄にはご質問のみご記入お願いいたします。

お友達に「カラダの通信講座」のメルマガを紹介またはシェアしてあげてください。
身体にまつわる役に立つ情報を随時発信していきます。
下記URLをお友達に紹介してください。
http://goo.gl/izo7MI