35億

こんにちは。
体軸コンディショニングの土屋です。

「…だって、地球上に男は何人いると思ってるの?」

『35億』

このネタで有名な芸人のブルゾンちえみさん、
面白いですよね。

少し前から体軸のInstagram担当になりましたので、最近は流行りを取り入れようと、必死に情報収集しています。

その甲斐もあってでしょうか、先日のイベントで施術をしながら、多くのお客様と色々な話題で盛り上がることができました。

時代は日々進化しているので、体軸関連の情報だけではなく、社会情報なども日々アップグレードしなくてはいけないと実感しました。

今回はイベントの時の方の症例を紹介したいと思います。

[主な症状と現状]
・左足の腿に痛みがあり、力が入りにくくて歩くのが辛い。
・病院では腿の筋力が低下していると診断された。
・数週間かかっているが、良くならない。

[TLでの診断]
・腹直筋、大腿四頭筋が優位になっており、中臀筋にも負担がかかっている。
・骨盤まわり、腰椎4番まわり、腎臓の筋肉が固まっている。
・Z軸(前額軸)の運動に問題あり。

TLで一通り調整はしたのですが、慢性化していているところもありました。

そこで、骨盤と腰椎4番、そして腎臓まわりの筋バランスを調整しました。
さらに、腰椎4番の原因が頚椎6番と反応が出たので、その他の細かい部分も一緒に調整しました。

本来であれば前鋸筋~ハムストリングスまでの筋連鎖が機能的に使えるようになるのですが、
みぞおちに力を入れてしまう癖が抜けなかったため、みぞおちと股関節のワークをしてもらいました。
そのワークの効果もあり、大腰筋が刺激されて前鋸筋~ハムストリングスまでの筋連鎖が繋がりました。

筋肉、骨格、内臓といったように複数の階層から
アプローチして調整をしました。

実は、最後に意識の階層でも調整しています。
施術前は全身ガチガチだった筋肉も柔軟性が出てきたため、血行も良くなって大量の汗をかかれていました。

ベッドから起き上がっていただき、
足の痛みを確認していただくと、

「痛くない。えっ、何で?」

と言いながら、少し呆然としているお客様。
施術台の横にいた奥様は、

「病院に行っても治らなかったんだから、今度から銀座に通いなさいよ。」

このように言っていただき、嬉しい限りでした。

いつも簡単に治しているように思われますが、
脳では複数の階層から評価、診断をしています。
特に最後の意識の階層で評価、診断ができると幅広い症状に対応できるようになります。
これは体幹リハビリテーションレベル3で習いますので、興味のある方はこちら。

体幹リハビリテーション レベル3の詳細

P.S.
最後に、

「地球上に体軸を学びたい人は何人いると思っているの?」

「35億」

「ウソ、70億」

 

スクールの情報はこちらをご確認下さい。
こちらをクリック

 

体軸コンディショニングの日々の活動をInstagramにて毎日更新しています。
体軸のInstagramをチェック

 

ご質問はこちら
ご質問や体軸に関するご質問はコミュニティにてお待ちしております。
初歩的な内容でも大丈夫ですので、お気軽にご質問ください。
例:どうしたらパフォーマンスが上がりますか?

コミュニティに参加して質問する
*承認ありがとうございました。
などはお気持ちだけで結構ですので、コメント欄にはご質問のみご記入お願いいたします。

ほぐすだけで体軸が通る方法

2017.08.27

体幹と肝臓の関係性は姿勢を見れば分かる

2017.08.24

膝の痛みの秘密

2017.08.21

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。