手の状態を股関節から整える方法

こんにちは、
体軸コンディショニングのマネージャー山川です。

「手をついたときに指が開かない。」
このような悩みを抱えている人がいました。
その方に股関節の環境を整えるワークをしてもらうと、、
手をついたときに自然と指が開きました。

これは先日福井に代表の高橋が出張をした際の実際の話です。
TLも組まず、治療もせず、股関節を整えるためにMPC(Motion Posture Crosspointの略)のワークを指導しただけですが、それだけで変わってしまったのです。

一体何がおきたのか?

まず筋肉は隣り合った筋肉と連動しながら働く特性があります。これは筋連鎖と呼ばれています。
この筋連鎖というのは全身につながっており、股関節にもつながっています。

股関節は下肢はもちろん、骨盤ひいては体幹に大きく影響する重要な機関です。
その股関節の状態が悪ければ、筋連鎖により末端にも影響を及ぼすことが考えられます。

股関節まわりで使いたい筋肉/筋連鎖があり、
屈伸/内外転/内外旋のすべてにおいてそれらの筋肉/筋連鎖が使えている状態が望ましいのです。
いずれかまたはすべての運動で使えていなければ、体幹の環境が変わり、いずれかに不調をきたします。

もちろん、手を開くという動作にも使いたい筋肉/筋連鎖があります。
そのうえで、
・手が開きにくいという状態の筋連鎖
・手が開きやすいという状態の筋連鎖
があり、手が開きやすい筋連鎖と股関節の筋連鎖を繋げることができれば、手の環境が変わるのです。

それを、MPCによって股関節の環境を整えていったのです。

スポーツの運動療法やリハビリテーションも同じ考え方で変えることができます。

なぜなら、MPCはすべての運動の基本姿勢であり、MPCをベースにしたワークはすべての環境において整えることが可能だからです。

そのMPCを伝えているのは他のどのスクールや団体でもなく、体軸コンディショニングだけ。

MPCを詳しく知りたい方、
人が生きる上でのすべてのパフォーマンスを変えていきたい方は、、

今すぐこちらをクリック

P.S.
こちらの動画は、代表の高橋が直接MPCや運動構造についてお話ししています。
この講座以外には直接受けることができませんので、
体軸の考え方をさらに深めたいという方は動画をご覧ください。

詳細はこちら

*体軸コンディショニングの日々の活動をInstagramにて毎日更新しています。
体軸のInstagramをチェック

*過去の記事は以下のサイトで見れます。
過去のメルマガはこちら

**********************
■ご質問はこちら
メルマガに関するご質問や体軸に関するご質問はコミュニティにてお待ちしております。
初歩的な内容でも大丈夫ですので、お気軽にご質問ください。
例:どうしたらパフォーマンスが上がりますか?

コミュニティに参加して質問する
*承認ありがとうございました。などはお気持ちだけで結構ですので、コメント欄にはご質問のみご記入お願いいたします。

お友達に「カラダの通信講座」のメルマガを紹介またはシェアしてあげてください。
身体にまつわる役に立つ情報を随時発信していきます。
下記URLをお友達に紹介してください。
http://goo.gl/izo7MI