理学療法士よりも結果を出せるようになった理由

こんばんは。アナトミーの鬼の田中です。
私は理学療法士ですが、理学療法士になるためには4年間学校に通って、国家試験に合格しなければいけません。
そして、無事合格しても、1年目の頃は大したリハビリは出来ませんでした。

しかし当スクールを1年で卒業し、現在では講師を務めている土屋さんは理学療法士ではありませんが、
卒業した時点で、どう安く見積もっても5年目の理学療法士さんより凄い結果を出すセラピストでした。
何といっても、動作分析の能力は凄いですね。
ヨガやサッカーはもちろん、その他のスポーツ選手の施術はピカイチです。

理学療法士は病院の患者さんのリハビリは出来ても、
スポーツ選手の動作分析が苦手な人が多いです。
なぜなら、私もその一人でしたから。。。
しかし、土屋さんは違います。

そんな凄い土屋さんですが、
体軸コンディショニングスクールの講座を受けた頃のエピソードがあります。
気になる方は、続きを読んでみて下さい。

こんばんは。体軸コンディショニングの土屋です。
引越したばかりなのに給湯器が故障してお湯が出ない事態になり、週末は姉ファミリーの家で過ごしました。
ゆっくり過ごそうかと思いましたが、姉夫婦が終日不在だったので姪っ子のお世話でバタバタでした。笑

ご飯を作ってあげたら、
「美味しい!本当に作れるんだね。」
とか、携帯でブラジル人と仕事の話をしていると、
「本当にポルトガル語も話すんだ。私も話せるようになりたい!」
なんて言っていました。
やっぱり、出来るって聞いていても実際に自分の目で見ると感じ方が違いますよね。

週末の各講座でも、実際にご自身で体感されて驚きの連続だったみたいです。
効果に驚いている様子

当スクールの講座を知ったキッカケはFacebookやインスタ、
周りの人たちからの口コミなど、人それぞれだと思います。
知って、興味が湧いて、気になって、気になって、参加する…って感じでしょうか。
特にカラダに関わる仕事をしていない方にとっては、
講座に参加するって少しハードルが高い気がして躊躇しちゃいますよね。

その気持ち、わかります!

なぜなら、私は元々カラダに関わる仕事をしていた訳ではないからです。
初めて体軸の講座を受けたのは、約3年ほど前になります。
当時は入門講座の体感アナトミーが無かったため、いきなりセラピスト養成講座からスタートしました。
業界未経験者は私だけでしたが、
最前列の真ん中の席でやる気満々!
分からないことは手を挙げて質問。

「L5って何のことですか?」
「背骨は何本あるんですか?」

恥ずかしくて質問しない人もいるだろうと思っていましたが、コレを知らなかったのは私だけでした。
それもそのはず。
私以外は医療従事者の方たちでしたから、冷ややかな視線を感じることもありました。
しかし、こんな私を温かく見守ってくれた人が講師以外にもいたんです。

その人とは、現在北陸で活動しているBodyline School代表の体軸ピラティスセラピストの吉田さんです。
http://bodylineschool.com/

ですので、私は体軸の同期って言われると吉田さんが一番最初に思い浮かびます。
実はセラピスト養成講座 体幹リハビリテーションレベル1の2日間しか吉田さんと一緒に受講した事がないのですが、
Facebookやインスタを通して活躍をされている姿を見ていました。

[お互いに刺激し合える]

同じ日から体軸の勉強をスタートした訳ですから、やはり同期の動向って気になりますよね。
卒業生の中には同期会を開催していたり、一緒に体軸のイベントを開催したりしている人もいます。
そこで刺激をし合えるから、更に成長していくんですよね。

[現在は入門講座がある]

業界未経験の方たちもご安心ください。
そのような方たちのために作った講座が、体感アナトミーです。
初日は簡単な解剖学などを、ペアになってカラダを動かしながら学んでいきます。
2日目はクロスポイントワークなどを学んでいきます。
この2日間でアナタ自身の身体の使い方に変化が起こりますよ。
詳細はこちら

メルマガを10回、20回、30回読むより、講座で体感する1回のほうが身体の変化は期待できますよ。
その場で変化を感じる方法

P.S.
その場で講師に質問したりアドバイスを貰えますし、何よりアナタに同期の仲間ができます。
この体感アナトミーは今月末に東京、来月末に札幌で開催されます。

*体軸コンディショニングの日々の活動をInstagramにて毎日更新しています。
体軸のInstagramをチェック

*過去の記事は以下のサイトで見れます。
過去のメルマガはこちら

**********************
■ご質問はこちら
メルマガに関するご質問や体軸に関するご質問はコミュニティにてお待ちしております。
初歩的な内容でも大丈夫ですので、お気軽にご質問ください。
例:どうしたらパフォーマンスが上がりますか?

コミュニティに参加して質問する
*承認ありがとうございました。などはお気持ちだけで結構ですので、コメント欄にはご質問のみご記入お願いいたします。

お友達に「運動神経を育てる通信講座」のメルマガを紹介またはシェアしてあげてください。
身体にまつわる役に立つ情報を随時発信していきます。
下記URLをお友達に紹介してください。
http://goo.gl/izo7MI