インストラクターはスポーツ万能じゃなかった

こんにちは、
体軸コンディショニングのマネージャー山川です。

私は昔、ピラティス専門のスタジオで働いていたのですが、
その会社の面白いところの一つで、
年に1回社員旅行があり、必ずと言って良いほど過酷なイベントをします。
全社員でトレイルランやパツパツのスケジュールで屋久島巡り、私が旅行幹事をしたときは沖縄でトライアスロンでした。

トライアスロンを知らない人のために…
スイム、バイク(自転車)、ランの順に3つの種目を連続して行なって、スタートからゴールまでの競技時間を競い合うスポーツです。

で、そこで驚いたことなのですが、
私、泳げないから…
と言って離脱する人が意外にも多かったのです。
ヨガやピラティスのインストラクターの集まりなので、みなスポーツ万能かと思っていたらそうではありませんでした。

私はその時、
あぁ、綺麗にエクササイズができてもスポーツとは関係ないんだな…
ということを目の当たりにしました。
そして、
ピラティスにスイミングというワークがありますが、それができても泳ぐことはできないことも学びました。笑

インストラクターはエクササイズやポーズを綺麗にみせることが重要視されます。
それは生徒さんが見た時に、どんな動きをしているかを見て分かるようにするためです。

インストラクターはそれよりも重要視しないといけないことがあります。
それは、日常生活の動きの改善です。

レッスン中は綺麗に動いているのに、
終わったあとは姿勢がだらしなかったり、
歩き方が汚い人が沢山います。
結構ベテランの人でもいるんですよね。。

理由は明確で、エクササイズをエクササイズとしてしか見ていないからです。
このエクササイズはどの動きに効果があるのか?
ということを、単調ではなく明確に理解し、説明できるのか。
例えば股関節のエクササイズでいうと、
単調な理解であれば歩き方に効果がある、
明確であればどんな歩き方になって、その歩きの中でどのようなところに効果があるのか、なぜそれが必要なのか。
これを言えるかどうかは大きな違いです。

あなたがなるとしたら、
どちらのインストラクターになりたいですか?

もし、明確な理由を持ちながら、自分も相手も変えられる指導をしたいと思ったら、
こちらにご参加ください。

詳細はこちら

*体軸コンディショニングの日々の活動をInstagramにて毎日更新しています。
体軸のInstagramをチェック

*過去の記事は以下のサイトで見れます。
過去のメルマガはこちら

**********************
■ご質問はこちら
メルマガに関するご質問や体軸に関するご質問はコミュニティにてお待ちしております。
初歩的な内容でも大丈夫ですので、お気軽にご質問ください。
例:どうしたらパフォーマンスが上がりますか?

コミュニティに参加して質問する
*承認ありがとうございました。などはお気持ちだけで結構ですので、コメント欄にはご質問のみご記入お願いいたします。

お友達に「運動神経を育てる通信講座」のメルマガを紹介またはシェアしてあげてください。
身体にまつわる役に立つ情報を随時発信していきます。
下記URLをお友達に紹介してください。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTasryA