悪夢を見なくなる方法

こんばんは。メンタリストTanaKaです。
以前、私は嫌な夢を繰り返しみていました。。。
しかも、ほぼ同じシチュエーションの夢なのです。
嫌な夢を見たあとって、寝たにも関わらず身体がダルいんですよね。
あなたも、そういう経験はありませんか?

え、ないです?
なら、他の例えだと、、、

夢の中で、、、
膀胱が痛いくらいパンパンで、
やっとの思いでトイレに駆け込み、
すっごい気持ちよくオシッコをしていたら、、、

だんだん股間が温かくなってきて、
それがまた気持ち良くて、、、

何とも言えない幸せな気持ちで目が覚めたら、
パンツやパジャマはもちろん、
布団までびっしょりになったことはありませんか?

あ…
ないですか?
そうですか。。。

私は、中学生か高校生の時にありました。笑
そんな微笑ましい()話はさておき、
嫌な夢、悪夢のお話です。

私は理学療法士なのですが、
それ以前はサラリーマンをやっていました。
その頃の夢を見るのです。

飛び込みのセールスマンをやっていましたが、
これがまた売れないセールスマンでして。。。

それもそのはず、
コピー機のセールスをしていたのですが、
「コピー機なんてどれも同じ!」と思ってやっていましたから。
そりゃ売れないですよね。

売れるセールスマンは、
ほんのちょっとのコピー機の性能の違いを、ものすごく素晴らしいこととして相手に言えるのです。
なんなら、どこにでもある鉛筆だとしても、その鉛筆の素晴らしさを10コ言える。
そんなセールスマンが、当時は売れていました。

私は売れないセールスマンだったので、
毎日のように上司に怒られていました。

ホワイトボードに書かれた、自分の名前と目標金額の数字。
その前に立たされて、今週の目標を大きな声で発表。
しかし、私は毎週達成できないのです。
ですので、みんなの前で怒鳴られるのです。

売れなければ、給料ドロボーみたいなもんですから、
そりゃ、怒られるのは当たり前なのですが、
毎日のように怒鳴られると、人っておかしくなるんですよ。。。

そして、会社を辞めた後の数年後でも、当時の怒られている夢を見ることがよくありました。
その頃は、理学療法士として患者さんの痛みを和らげてあげては、
患者さんから感謝の言葉をもらっていたり、
後輩に指導していたりして、そこそこ上手くいっていたのですが、
心の奥底では、まだ病んでいたんでしょうね。
シコリとして残っていたんだと思います。

実際に、どこかで自分に自信がもてない時期でした。
人に認められたり、
頼りにされたり、
そういうことがあったとしても、自分のことを過小評価してしまう自分がいました。

「どうせオレなんて」とか、
「俺がやっても、どうせ上手くいかない」
「俺じゃない奴がやった方が良い」

みたいな気持ちが、仕事の随所であり、
その頃は、どうやってもその状態から抜け出すことはできませんでした。。。
もちろん、心理学的な勉強もしましたよ。
でも、変わることはできませんでした。

今なら変わることができなかった原因は分かります。
それは、
「メンタルだけのアプローチ」だったからです。

だから、上手くいかなかったのです。
人は心と身体は切り離せないので、
身体の状態も整える必要があるのです。
このことを知っていて実践している人は、非常に少ないですよ。

身体を整える。
その次に、ある手順でメンタルにアプローチをする。

たったこれだけで、数年間見続けていた「悪夢」は見なくなりました。
もちろん、自分を過小評価することもありませんし、
日々の仕事に対して自信をもって取り組んでいます。

もし、悪夢を見ていたり、
自分を過小評価してしまう毎日なら、
もうそろそろ、そんな生活は辞めませんか?
今からでも遅くなないですよ。

「私も変わってみたいな…」って思ったら、
まずはこちらをクリック

*メンタリズムとは?
行動や態度、言葉などから相手の心理を読み解き、思うままに誘導する技術のことで、メンタリズムとは本来、人と人とがよりよい関係性を築くための大きな助けとなるスキル。

*体軸メンタリズムとは?
あらゆる分野でハイパフォーマンスを実現する身体理論である体軸理論に基づいて、人の行動や態度などを心身相関の関係から人の心理を紐解き、心身の調和を図り、人間関係を円滑にしていくためのスキル。