身体の緊張は脳の緊張

こんにちは、
体軸コンディショニングのマネージャー山川です。

スポーツやビジネスシーンで、
「ゾーンに入る」
という言葉があります。
おそらくみなさんも経験したことはあると思います。

この、ゾーンという状態に入りやすい人と入りにくい人がいます。
その大きいようで些細な違いは何かというと、
身体の緊張状態の違いです。

例えば、近くにペンがある人は手の平にペンを乗せてください。
手の力が楽になっていると、ペンの重さや重心といった、手の平だけでなくペンに対しても意識が向きやすいはずです。

では、そのペンを力強く握ってみましょう。
すると、どうでしょう。
先ほど感じていたペンの感覚はいかがですか?
おそらく、握っているので形状は認識しやすいかもしれませんが、
それ以外の感覚は感じにくくなっていると思います。

このように、身体の緊張状態が高まると、
ある一定の情報は認識できますが、それ以外の情報や感覚は遮断してしまいます。

このように身体の状態一つで、脳の活動は簡単に変わるのです。

では、その時の脳はどうなっているのか?
その状態を様々な分野にどう応用できるのか?
などなど、様々な例を用いてわかりやすく説明いたします。

詳しくはこちら

P.S.
特許を取得した内容ではありますが、
専門用語が飛び交うような話ではありません。

メルマガを読まれている方であれば理解はできると思います。
ですので、精神や意識関係に興味がある方は、
どのようなメカニズムを用いているのかを知ると、
よりその効果を高めることができます。

詳しくはこちら

*体軸コンディショニングの日々の活動をInstagramにて毎日更新しています。
体軸のInstagramをチェック

*過去の記事は以下のサイトで見れます。
過去のメルマガはこちら

**********************
■ご質問はこちら
メルマガに関するご質問や体軸に関するご質問はコミュニティにてお待ちしております。
初歩的な内容でも大丈夫ですので、お気軽にご質問ください。
例:どうしたらパフォーマンスが上がりますか?

コミュニティに参加して質問する
*承認ありがとうございました。などはお気持ちだけで結構ですので、コメント欄にはご質問のみご記入お願いいたします。

お友達に「運動神経を育てる通信講座」のメルマガを紹介またはシェアしてあげてください。
身体にまつわる役に立つ情報を随時発信していきます。
下記URLをお友達に紹介してください。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTasryA