大胸筋より大腰筋

こんにちは、
体軸コンディショニングのマネージャー山川です。

身体を鍛える時、BIG3と言われる代表的なトレーニングがあります。
大胸筋を鍛えるベンチプレス、
臀筋やハムストリングスを鍛えるスクワット、
背筋群やハムストリングスを鍛えるデッドリフト。
中でも、ベンチプレスは男性に人気で、ジムに行くと他2つの種目以上に行なっている方の割合が多いです。

なぜそれだけ人気かと言うと、厚い胸板に憧れるからなんですよね。
厚い胸板の方が見た目がカッコいいのと、
なんとなく女性にモテそうだからなんですよ、きっと。
その点、他2つは見た目には分かりづらいのと、ベンチプレスよりもシンドいトレーニングだから、ちょっと不人気です。

しかし、大胸筋が発達しても、モテません。
それは私の友人が過去に経験済みです。笑

もしモテたいなら、まずはどこを鍛えると良いのでしょうか?

答えは大腰筋です。
大胸筋の繋がりで前鋸筋と言いたいところですが、それでも大腰筋です。

なぜなら、動きがカッコ悪いとモテません!

ちょっと想像してみてください

あなたが好きな方がプールにいます。
ついつい見とれてしまう綺麗なボディーライン

そしておもむろにクロールを泳ぎ始めました。
ついつい見とれているあなたは、
周りで泳いでいる人が目に入らず、
泳いでいるその人だけを見てしまっているでしょう。

その時、ものすごい表情で息継ぎをし、
今にも溺れそうな感じで泳いでいる姿を見た時、
あなたはどんな表情をしていますか?
そして、どんな感情をいだきますか?

おそらく一瞬引いてしまうと思います。
それが、顔立ちや体つきが整っていればいるほど、
そのギャップは大きいはずです。

極端な話ですが、
小さい頃、スポーツ万能な子がモテてましたよね。
大きくなっても、部活などで良い動きの選手は注目を浴びます。
そんな人たちは大抵は引き締まった身体をしていますが、
みんな胸板が厚いかと言うとそんなことはないはずです。

このように、いつの時代もまずは動ける身体であることが前提なんですよね。

で、動ける身体になるために必要な筋肉の前提条件の一つが「大腰筋」なのです。
大腰筋は、体幹と股関節をまたぐ筋肉で、
体幹の一番内側にあり、かつ強力な筋肉です。

また、横隔膜と筋連結でつながっており、
呼吸能力、心肺機能にも影響します。

さらに、大腰筋を鍛えると、、
綺麗な腹筋をつけることができるのです。

それでもあなたは大胸筋を鍛えたいですか?
もちろん、鍛えるな!とは言いません。

その前に、大腰筋を鍛えたほうが良いというお話です。

そして、大腰筋はマシンやウェイトのような
道具や大きなスペースは必要ありません。

こちらでは、体軸理論に基づいた体幹トレーニングについての役に立つ情報を、
無料でご紹介しております。

↓無料【間違いだらけの体幹トレーニング】はこちらから↓
https://fs223.formasp.jp/p642/form15/

↓無料【間違いだらけの筋力トレーニング】はこちらから↓
https://fs223.formasp.jp/p642/form9/