つま先立ちには痩せない理由がある〜ふくらはぎを揉むだけでもNG〜

ふくらはぎの筋肉が使われると、血流や代謝が上がって痩せる、という話があります。
それもあって、つま先立ちをさせるスリッパがあります。

しかし、それを履いて痩せる人がいる一方で、なかなか痩せない人もいます。

この違いは一体なんなのでしょうか。

<つま先立ちで痩せない理由>

つま先立ちダイエットのメリットとして挙げられるのが、ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)が使われるということです。

ふくらはぎの筋肉は第2の心臓といわれています。
足は心臓から遠くなり血流が低下しやすいのと、重力で血液が下に落ちやすく、滞りやすいのです。

そこで、ふくらはぎを使うことで動脈も静脈も活発化し、血液の循環が良くなるので、結果として代謝が上がります。

しかし、ここには大きな落とし穴があります。

実際につま先立ちになってみてください。

つま先立ちになると、ふくらはぎの筋肉は働きますが、常に力が入りっぱなしになるため、
かえって筋肉が固くなってしまい、血流を悪くしてしまいます。

また、重心も前側になるので、もも前の筋肉(大腿四頭筋)がを使って身体を支えはじめます。

すると、股関節周りが固くなっていきます。

なぜ股関節にも着目するのかというと、

股関節には体幹から下半身にかけて大きな動脈が通っており、股関節が固いと動脈を締め付けてしまいます。

なので、ふくらはぎに血液がめぐる前に、股関節で血流は悪くなってしまうのです。

<どうやったら痩せるの⁉︎>

では、どうやったら痩せるのか…

痩せる人の特徴として、つま先立ちの状態でもふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)や股関節周りが固まることなく立つことができています。

ですが、それをするにはまず、普段の生活からもも裏(ハムストリングス)や体幹の筋肉を使えるようにしなければなりません。

これらの筋肉には、ふくらはぎの筋肉と繋がっており、連動して働くことでふくらはぎを固めずに働かせることができます

また、もも前の筋肉の活動を抑える働きもあるので、股関節を固めることが無くなっていきます。

<つま先立ちでも痩せるワーク>

・肩幅に脚を開き、つま先と踵を一直線にする。
・外くるぶしに体重を乗せ、ビキニラインの中央を触る。
・触ったまま、そこを挟み込むようにしてお尻を後ろに突き出しお辞儀をする。
・お尻に近いもも裏の付け根が伸びたら、そこを締めるように意識して身体を起こす。
・これを10回ほど繰り返す。

*動画もありますので、ご覧ください。
このワークを繰り返し行うことによって、普段からもも裏や体幹の筋肉が働きやすくなります。

もも裏や体幹の筋肉が働くようになれば、つま先立ちになったときもふくらはぎや股関節周りが固まりにくくなるので、血流の循環も良くなり、代謝が上がります。

もし、周りに困っている人がいたらシェアしてあげてください。

【筋膜アナトミー】

【間違いだらけの体幹トレーニング】
【体軸トランスファー】

などは、こちらから無料ダウンロードできます。