脇は開いたままでも、締められる

スポーツや武道などで、よく「脇を締めろ」という言葉を聞きます。
このことはパフォーマンスを上げるときにとても重要なことです。

しかし、多くの人は間違ったやり方で脇を締めてしまい、パフォーマンスの低下を招いてしまっています。

<脇を閉じると締めるは違う⁉︎>

脇を閉じるというのは、腕を体幹に押し付けるような動きのことです。
多くの人は脇を締めろというと脇を閉じようとしてしまっていることが多いです。
腕を体幹に押し付けると、胸の筋肉(大胸筋)や背中の筋肉(広背筋)が働きやすくなります。
胸の筋肉は肩の筋肉(三角筋)といったアウターマッスルと繋がっているので、肩関節の表面上の筋肉が働きやすくなってしまいます。

すると、かえって肩が上がりやすくなってしまい、体幹からの力を上手く上半身に伝えられなくなり、パフォーマンスの低下を招いてしまうのです。

<脇は閉じていなくても締まる>

もう少しわかりやすいように、野球を例に例えていきたいと思います。

例えば、バッティングで脇が閉じた状態だと、内角は打てるかもしれませんが、外角は打つことができません。

しかし、外角を打つときに脇が締まっていなくてよいのかというとそういうことではありません。

外角を打つときも肩を下げて、肩甲骨を外転させ、脇の筋肉(前鋸筋)を働かせることで脇が締まった状態を作らないと体幹が安定せず、インパクトの瞬間にうまくボールに力を伝えることができなくなってしまいます。

こういったように脇が閉じた状態でなくとも、脇が締まった状態を自由に作ることがでれば、効率的に身体動かすことができるのです。

<脇が締まった状態のメカニズム>

では、脇を締めた状態というのはどういうことなのか。

脇を締めた状態というのは、肩が下がって肩甲骨が外に広がっている状態のことを言います。
肩が下がって肩甲骨が開いていると脇の筋肉が働き、胸の筋肉や肩の筋肉といったアウターマッスルの働きが抑えられます。

脇の筋肉は脇腹の筋肉(腹斜筋)と繋がっており、脇腹の筋肉は体幹のインナーマッスル(腹横筋~横隔膜~大腰筋)と繋がりを持っています。
ですので、脇を締めることができるとこれらのインナーマッスルが働きやすくなるため、体幹が安定するようになり、体幹から上半身に効率的に力を伝えることができるようになるといったわけです。

<脇を自由に締めるためのワーク>

・手の下に肩をつき、指先はまっすぐ正面を向け、肩は股関節の真下につく。

・両腕で床を押すことで、肩甲骨間を拡げ、広い背中を作る。
・肩を下げながら、脇を締め、脇の下の力を感じながら床を押す。
・さらに脇を締めたまま頭を垂らし、おへそを地面に近づけていくと肩甲骨が浮き出てくる。

※動画もありますのでよろしければご覧ください。
このワークを行うことで肩が下がって、肩甲骨が拡がりますので、脇の筋肉が働き、脇が締まった状態となります。
どのポジションでも脇を正しく締めることができれば、体幹から上半身にかけて効率的に力を伝えることができるようになりますので、パフォーマンスアップにつながります。

野球やテニスだけでなく、他のスポーツでも大切なことなので、ぜひ行ってみてください。

【筋膜アナトミー】

【間違いだらけの体幹トレーニング】
【体軸トランスファー】

などは、こちらから無料ダウンロードできます。

こちらでは、こどものケガの予防に効果的な体操を無料で紹介しております。

無料【こどもセラピー】ハンドブックはこちらから。