体幹と肝臓の関係性は姿勢を見れば分かる

皆さん、こんばんは。
体軸コンディショニングスクールの藤田です。

今日は「姿勢から分かる体幹と内臓との関係性」について、具体的な例を上げて分かりやすく説明していきます。

私は普段、定期的にジムに行って身体の状態をチェックしながら運動しています。
そんな中、ついつい目に入ってしまうのが、スタイルがいいキレイな女性です。笑
職業柄、キレイな姿勢をみるとついつい見てしまうのです。
先日も、ランニングマシンで走っている女性の後ろ姿が素敵で、ついつい目がいってしまいました。

少しの間見とれていると、ある事に気づいてしまいました。
姿勢も一般的にスラッーとしていて、全体のバランスは一見とれているように見えるのですが、
「首の左への横ブレが大きいな」と、ここで理学療法士としての姿勢・動作分析のスイッチが入ってしまいました。

「首の動揺」について、姿勢や動作から分かった身体の問題点を解説していきます。

観察するときのポイントは、

・ 一番動いている部分
・ 一番動いてない部分
・ その2点の関係性

です。

一番動いているのは、首の左への横ブレ。
一番動いてない部分は、背骨の右側が特に固まっていて、右の胸郭の動きがないという事でした。
TL(筋反射を用いたOリングテスト)を使うと、右の胸郭にある「肝臓」が固まっていることが分かりました。

この関係性を考えると、
肝臓が固まって右の胸郭の動きがないために、動作時の右側腹部の安定性が悪くなっている。
その結果、右に重心が乗せにくくなり、首が左へ横ブレしているのではないか?と仮説を立てました。

ここから、経絡(ツボとツボのつながり)の視点も加えます。

肝臓の経絡は、右母趾から股関節内側を通っています。
肝臓が固まった結果、肝臓の経絡の流れが悪くなり、右股関節内転筋に力が入りづらくなって、右脚に体重が乗ってこないとも考えられます。

ですので、この方に肝臓の動きを良くする徒手療法を行うと、

・ 右腹部に力が戻る。
・ 肝臓の経絡が整い、右母趾から右下肢への力の伝達が上手くいく。
・ 右側腹部と右下肢が安定することによって、右下肢に体重が乗り、頭部の左への過剰な傾きも軽減する。

と、考えました。

実際に、肝臓が一番の原因で体幹の右側が不安定になったり、右下肢に体重が乗らなくなることがあります。
その結果、首など一見関係のなさそうな所に痛みが出る方は多くいます。

他にも、肝臓が疲れている方の特徴をいくつか挙げておきますので、
評価をする際の参考にして下さい。

・ おでこがやや前に凸で出ている。
・ 頭痛や目が疲れやすい。
・ 交感神経優位で身体の疲れが抜けづらい。
・ イライラしやすい、
・ 大腿内側の力が抜けやすい。
・ 外反母趾になりやすい。
・ 胸郭の横の広がりが少なく、身体を横に倒しづらい。

などがあります。

もっと詳しく「姿勢から分かる体幹と内臓との関係性」について知りたい方は、、

こちらをクリック

 

*スクールの情報はこちらをご確認下さい。
こちらをクリック

*体軸コンディショニングの日々の活動をインスタにて毎日更新しています。
体軸のインスタをチェック

 

■ご質問はこちら
メルマガに関するご質問や体軸に関するご質問はコミュニティにてお待ちしております。
初歩的な内容でも大丈夫ですので、お気軽にご質問ください。
例:どうしたらパフォーマンスが上がりますか?

コミュニティに参加して質問する
*承認ありがとうございました。などはお気持ちだけで結構ですので、コメント欄にはご質問のみご記入お願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。