痛みとダイエット後のリバウンドとの関係性

こんばんは。アナトミーの鬼の田中です。
長年セラピーをやっていると多くの患者さんと出会い、
そして、痛みについて様々なパターンを経験します。

その1つが痛みとダイエット後のリバウンドとの関係です。
どういうことかというと、痛みをぶり返す人は内臓に問題がある方が多いのです。
内臓に問題があると、その近くにある大腰筋や横隔膜などのインナーマッスルが使いにくくなります。

インナーマッスルが上手く使えていないと、
大腿四頭筋や大腿筋膜張筋などのアウターマッスルがカチカチになって、
股関節や膝に痛みを抱えやすくなります。
この点はイメージしやすいのではないでしょうか?
このように痛みをぶり返す人は、内臓に問題がある方が多いのです。

内臓の機能が低下すると、リバウンドしやすくなる理由はなんとなく分かりますよね?
ただ、その理由が5つもあることをご存知ですか?

1、横隔膜が使いにくくなることで、呼吸が浅くなり代謝が落ちます。

2、インナーマッスルが使いにくくなることで、身体の芯から筋肉を使えなくなるので、
やはり代謝が落ちます。

3、胃腸の機能が低下すると消化が悪くなり、太ります。

4、腎臓の機能が低下することでむくみやすくなり、太ります。

5、むくむことで筋肉は使いにくくなり、代謝が落ちます。

このようにリバウンドしやすい理由が5つもあるのです。
ですので、内臓の機能の低下は防ぐべきなのです。
そのために、食事を気を付けることも大事なのですが、
今まで暴飲暴食をしていた方は、食事を気を付けるだけではダメなのです。

なぜならすでに内臓の機能は低下している可能性が高いからです。
もし、
・過去に暴飲暴食をしていた。
・リバウンドしやすい。
・身体の痛みが、ぶり返しやすい。

これらの内、1つでも当てはまるなら、
あなたの内臓の機能は低下していて、触ってみると固いかもしれません。

もし、そうなら、次の体操をおススメします。
おウチでもできる体操です。

1:お腹の固い部分に手を当てる。
2:同じ高さの腰にも手を当てる。
3:お腹と背中をを膨らますように呼吸をする。

これを3回行ってみて下さい。
これが出来たら、

4、息を吐くとき、お腹がへこまないようにする。
この方法で、腹筋と横隔膜の使い方を変えています。

これも3回やってみて下さい。

これをやるだけでも、横隔膜の動く量が変わり、
横隔膜の動きに合わせて内臓が動き出し、内臓が柔らかくなります。
ぜひ、毎日試してみてください。