こんばんは。アナトミーの鬼の田中です。
あなたは力を入れたい時に息をこらえて踏ん張りますか?
例えば、重い物を持ち上げる時や、

サッカーやバスケで相手とコンタクトするときに
身体を力ませて当り負けないようにする。
などなど。

もし踏ん張ってしまう方は身体が固まってしまい、フェイントにも引っかかりやすくなっています。

なぜなら、運動の支点が一点に集中するからです。
力む、踏ん張ると言う動作は、ある一部の筋肉を最大限まで出力すると言う状態です。

一見良さそうに見えるかもしれません。

ですが、一部の筋肉だけを使うということは、その筋肉の運動しか出来ないということです。
つまり、他の運動ができないので、次の動作へ瞬時に切り替えができないのです。

これはスポーツを行う上では致命的です。

では、どうすればいいのか?
答えは簡単で、支点を固めずに力を抜きながら使うのです。
筋肉の収縮の仕方で言えば、遠心性収縮や、伸張性収縮です。
筋肉が伸びながら力を発揮している状態です。

ただ、いきなり出来るようになるかというと、アスリートでも難しいです。
特にウェイトトレーニングを真面目にやっている人ほど固まりやすいです。

支点を固めずに力を抜きながら使うことができると、

例えば、こんな動きが出来るようになります。
左の人に注目

これが支点を固めずに余計な力を抜いて動く動作です。

これができるようになると、
・相手に当り負けない。
・動きを読まれない。
・相手の動きに瞬時に対応できる。
・怪我をしにくくなる。
・より力強いパフォーマンスができる。
などなど。

もしこれらを自身で達成できるようになりたい、

担当しているスポーツ選手ができるように指導したいと言う方は、
まずは、こちらでその基礎をお伝えしています。