運動のセンスがあると言われる理由

こんばんは。アナトミーの鬼の田中です。
「重心をつま先に移動させて〇〇してください。」
とか運動の指導でよく聞きますが、
それで上手くできる人と、できない人がいます。
その違いを最近改めて感じました。

どう違うかというと、
「重心をつま先に移動させて」
と言われて、体重を移動するだけの人と、
身体の使い方を変えて、重心を移動する人との違いです。

体重移動は、身体をひと塊りのようにして移動する感じです。
体幹の筋肉でいえば、腹直筋や脊柱起立筋などのアウターマッスルを使って動いています。

一方、重心移動はちょっと違います。
確かに身体も移動するのですが、身体をひと塊りにして動く訳ではなく、
身体の細かい筋肉や深層の筋肉を使って動きます。
それによって身体の使い方が変わり、結果、重心が移動するのです。

このことを知らなくてもできる人は、
「運動センスがある」と言われる人達ですが、
実はそのセンス、どなたでも身につけることができます。

なぜなら、センスという抽象的なものではなく、
筋肉という具体的なものに落とし込むことができるからです。
例えば、大腰筋や横隔膜などのインナーマッスルです。
大腰筋を使う簡単な体操はこちら

その他に、いわゆるインナーマッスルではない筋肉で、
重要な筋肉もあります。

このような重要な筋肉を知った上で、
「どの筋肉を使って動くか?」
これを体感するだけで、重心移動というものがどういうものかが分かりますし、
あなたの運動センスは今より高まります。

 

こちらでは、体軸理論に基づいた体幹トレーニングについての役に立つ情報を、
無料でご紹介しております。

↓無料【間違いだらけの体幹トレーニング】はこちらから↓
https://fs223.formasp.jp/p642/form15/

↓無料【間違いだらけの筋力トレーニング】はこちらから↓
https://fs223.formasp.jp/p642/form9/