あなたの2018年はどんな年でしたか?

こんにちは。
体軸コンディショニングスクールの山根です。

早いもので2018年も残り2日となりましたね。
あなたにとって今年はどんな年でしたか?

僕個人としては、
前職から体軸コンディショニングスクールに転職したり…
新しく趣味でサーフィンを始めたり…
付き合ってた彼女と別れたり…笑
と様々な出来事がありました。

いざ、振り返ってみると、
「意外と忘れてしまっていることが多いなぁ」
ということに気が付きました。苦笑

自分でもびっくりしたのですが、
インパクトのあったことや習慣化されたものなどに対しては、やっぱり記憶に残ってるんです。

でも、反対にあまり印象に残らなかったことや、習慣化されなかったことに関しては見事に忘れているんですよね。

例えば、今年最初に始めた英語の勉強とか…
最初の3か月は頑張って続けていたものの、
結局仕事の量が増えたり、他の勉強と重なってしまい、気付いたらやらなくなっていました。
(完全に言い訳です)

で、たまたま年末の大掃除のときに、
半年ぶりくらいに英語の教科書を開くと、
ものの見事に覚えた英単語や文法を忘れてしまっているという。

1度インプットしただけではダメで、
何回も繰り返しやったり、
覚えたことをアウトプットするようにしないと
意味がないんだなぁと改めて実感した瞬間でしたね。

そしてそのときに思ったことが、
これって治療やトレーニングでも同じ事が言えるんじゃないかなってことです。

・セミナーで治療の方法を教わった。
・スクールで身体の動かし方を習った。
・本で身体の知識を学んだ。

確かにインプットすることは大事なことです。
しかしそれと同時に、インプットしたものを
アウトプットしなければ、定着させるのが難しいですよね。

僕も実際に過去たくさんセミナーに行きましたが、習ったけど使わなかったものはほとんど覚えていません。

逆に今使えている技術や知識は普段から使っていたり、人に教えることで身についたものばかりです。

つまりアウトプットすることは、
覚えたことを定着させると同時に、
スキルを高めたり、理解度をさらに深めるためになくてはならないものだということです。

もしあなたが、今よりも施術やトレーニング、
レッスンの知識やスキルを身に着けたくて勉強しているけど、なかなか上手くいかない、
覚えられないということがあったら、
アウトプットの機会を増やすようにちょっとだけ意識してみるだけでも違ってきますよ。

ぜひ、試してみてください。

P.S
ただし、前提としてきちんとインプットが出来ていなければいくらアウトプットをしても意味がなくなってしまいます。

P.P.S
もしあなたが、ちゃんと身体のことについて学んでおきたいというならこちら。
[https://shop.metaaxis.co.jp/product-category/taikan-anatomy/]