ヨガで腰が痛くなるたった一つの理由

こんにちは。
体軸コンディショニングスクールの山根です。

ヨガのポーズを何回も取っているうちに、
気が付いたら腰が痛くなっていた、、、
なんて経験ありませんか?

この理由は1つなのですが、
これは生徒さんだけでなく、ヨガのインストラクターの方も、
意外と気付かないうちにやってしまっていたなんてことが多いようです。

その理由は、、、

「アウターマッスルを働かせた状態でポーズを取ってしまっている」

ということです。とてもシンプルですよね。


例えば、戦士のポーズⅠを取るときに、
綺麗に見せようと背中が真っすぐになり、みぞおちが張った状態になっているパターンです。

背中を真っすぐにしてみぞおちを張った姿勢では、背中の筋肉(脊柱起立筋)が必要以上に働き、体幹のインナーマッスル(大腰筋や骨盤底筋群など)が働きにくくなっています。

体幹のインナーマッスルは身体を単に安定させるだけでなく、体幹部の腹圧を維持する役割を持っており、それによって普段腰への負担を減らしています。

ですので、体幹のインナーマッスルが働かなくなってしまうと、腹圧を維持することが出来なくなってしまい、腰への負担が大きくなってしまうのです。


このような状態を解消していくには、みそおちの力を抜いていく必要があります。

みぞおちの力を抜くことで、背中の筋肉が必要以上に働かなくなり、体幹のインナーマッスルが働かせることができるからです。

体幹のインナーマッスルが働けば、腰への負担もなくなるだけでなく、身体全体を安定させることもできるので、楽にポーズを取ることが出来るようになるでしょう。

今回は、ポーズを取ったときに背中が張りすぎないようにするためのワークをシェアしたいと思います。


<みぞおち力を抜くための簡単なワーク>

・へそ上4本分のみそおちの部分を手で押さえる。
・その押さえた部分の真後ろの背中の骨をもう片方の手で押さえる。
・押えた状態で背骨を前後に5回動かす。
・同様に押えたまま、左右に体幹を倒すことと左右に捻じることを5回行う。

動画はこちら

このワークを行うことで、背中の筋肉の働きが押さえられ、体幹のインナーマッスルが働きやすくなります。

ヨガのポーズを行う前やポーズを取っていて腰が痛い、、、
と思ったら、ぜひやってみてください。
やってみるとみそおちの力が抜けて腰が楽になりますよ。

体幹パーソナルトレーナー養成講座【ヨガ&ピラティス&体幹トレーニング】ベーシックコース