ヨガのポーズで肩甲骨は立甲するの?

おはようございます。
体軸コンディショニングのヨガスクールマネージャー太田です。

先日、ヨガ講座の卒業生との話で話題になったことがあります。

それは、ヨガのポーズを取るときに、
「肩甲骨を寄せるのか?寄せないのか?」
という話題です。

当スクールのヨガでは、肩甲骨は寄せずに立たせます。
四つ這いの時や下向きの犬のポーズの時、板のポーズを取るときも同じです。

自分の勉強のために、他のスタジオでヨガを受けていた彼女は、肩甲骨を寄せずに立たせていると、
「あ、肩甲骨を立ててしまうタイプなんですね~、でも寄せて使いましょう。」
と、寄せる方向に修正されたそうです。

ヨガには様々な流派があるので一概には言えませんが、肩甲骨を寄せてポーズを取ると指導しているインストラクターはまだまだ多くいるようです。

「肩甲骨を寄せる」という動きは、胸椎から肩甲骨までついている菱形筋を収縮させ、どうしても三角筋・僧帽筋が優位になってしまいます。
これらの筋肉が過度に収縮すると、胸の背骨が固まり、肩や肩甲骨周りも動きが悪くなるので、胸部全体が固まってしまいます。

その状態で、ヨガのポーズを取り続けていれば、背中の痛みや肩の痛みを引き起こしてしまう可能性が高まります。

そこを理解した上で、あえて肩甲骨を寄せてポーズを取らせていている場合と、そこを知らずにただただ「肩甲骨を寄せてポーズを行う」と教わったから、そう伝えているという場合では、大きな差があります。

ではなぜ、体軸理論では肩甲骨を寄せずに立たせるのでしょうか?

それは、インナーマッスル(体軸筋)を使いながら体幹でカラダを支え、アウターマッスルを余計に使わないカラダづくりを目指すからです。

そもそも体軸理論を取り入れたヨガでは、インナーマッスル(体軸筋)を優位に使い、体幹主体のカラダの使い方を覚え、アウターマッスルの緊張を取りながらポーズを行うという目的があります。

ヨガで怪我をしてしまう大きな原因の一つは、アウターマッスルを緊張させながらポーズを行っているからだと言えます。

肩甲骨を立たせてヨガのポーズを行なえば、インナーマッスル(体軸筋)のひとつでもある「前鋸筋」という脇の筋肉を使うので、肩甲骨を外側に広げることで、三角筋・僧帽筋・菱形筋を余計に働かせずに肩を安定させることができます。
さらに、前鋸筋は腹斜筋に繋がっていくので、肩と体幹が連動し、体幹の力でカラダを支えることができます。

ですので、肩甲骨を立たせて、ヨガのポーズを取るのです。

肩甲骨を立たせてポーズをとり、ケガをさせないヨガを学びたい方はこちら
http://metaaxis.co.jp/apply/category/item/ryt200/stage1/

 

スクールの情報はこちらをご確認下さい。
こちらをクリック

 

体軸コンディショニングの日々の活動をインスタにて毎日更新しています。
体軸のインスタをチェック

 

ご質問はこちら
ご質問や体軸に関するご質問はコミュニティにてお待ちしております。
初歩的な内容でも大丈夫ですので、お気軽にご質問ください。
例:どうしたらパフォーマンスが上がりますか?

コミュニティに参加して質問する
*承認ありがとうございました。
などはお気持ちだけで結構ですので、コメント欄にはご質問のみご記入お願いいたします。

クロスポイントの効果を高める方法

2017.08.24

あなたのヨガ、コスプレになっていませんか?

2017.08.18

マタニティさんもサポートできる

2017.04.23

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。