つま先を上げると つまづきやすい

こんばんは。
アナトミーの鬼の田中です。
誰でも一度は、なんでもない所でつまづいたことがあるかと思います。
ただ、ちょっとつまずきが多いと身体の事が心配になりますよね?
・脳や神経の異常
・バランス感覚の問題
・視力の低下
これらは厳密に調べようとしたら病院に行かないと分かりません。ただ、意外と上記のような問題ではなく、筋力が問題の方が多いのです。
筋力が問題の場合、足首を持ち上げる運動をやったら良いかと思いがちですが、実は違うのです。みぞおちが上手く使えていないことが原因の方が多いのです。
ですので、病院に行くのもいいのですが、その前に知っておいてもらいたい知識と試してみてもらいたいことがあります。
<つまづく人の特徴>
つまづく人は、力が入り過ぎている筋肉があります。それは、太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)です。
どうしてこの筋肉に力が入り過ぎていると、つまづきやすいのか一緒に体感しながら確認してみましょう。
立ってても、座ったままでも構いません。
はじめに、太ももを持ち上げた時の持ち上げやすさを確認してみましょう。
次に以下の2つの方法で脚の持ち上げやすさを比べてみて下さい。
〔1、みぞおち〕
・へそから指4本上の所を触る。
・その場所を触りながら、身体を一回ずつ左右に傾ける。
・仮に右に傾きやすかったら、右に3回傾けて下さい。その次に左に3回傾けて下さい。
同じように胴体の回旋も確認します。
・へそから指4本上の所を触る。
・その場所を触りながら、身体を一回ずつ左右に捻じる。
・仮に右に捻じりやすかったら、右に3回捻じって下さい。その次に左に3回捻じって下さい。
これを行ったあと、脚を持ち上げてみて下さい。いかがですか?脚が軽く持ち上がったかと思います。
〔2、足首〕
・片方の足首を10回持ち上げてください。
・次にもう片方の足首を10回持ち上げて下さい。
これを行ったあと、脚を持ち上げてみて下さい。いかがですか?脚を持ち上げるのが重くなっていませんか?
<なぜ、つま先を持ち上げる運動はダメ?>
多くの方は、つま先を持ち上げるくらいの筋力はあります。ですので、その場合は筋トレは不要です。むしろつまづきやすくなる人もいます。
なぜなら、つま先を持ち上げる筋肉は、太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)とつながっているからです。
太ももの前側の筋肉は、アウターマッスルの1つで、この筋肉に力が入り過ぎると身体が固まってしまいます。ですので、太ももを持ち上げにくくなります。
また、この筋肉は太ももを持ち上げる筋肉であると同時に、膝を伸ばす筋肉でもあります。ですので、この筋肉に力が入り過ぎていると膝を曲げにくくなり、つまずいてしまうのです。
つま先を持ち上げる筋肉は、この太ももの前側の筋肉とつながっているので、よほどの筋力低下がなければ、積極的に鍛える必要はありません。
むしろ、先ほど行ったみぞおち体操をおススメします。みぞおちを触りながら身体を動かすと、太ももを持ち上げる筋肉でもある大腰筋が働きやすくなります。
また、この大腰筋はインナーマッスルでもあるので、身体のバランスも良くなります。一石二鳥ですので、是非、試してみて下さい。

このような筋肉のつながりを知る事で、身体のパフォーマンスを落とすことなく、自分や相手の身体のメンテナンスをしたい方は、
↓↓↓
こちらをクリック

 

スクールの情報はこちらをご確認下さい。
こちらをクリック

 

体軸コンディショニングの日々の活動をインスタにて毎日更新しています。
体軸のインスタをチェック

 

ご質問はこちら
ご質問や体軸に関するご質問はコミュニティにてお待ちしております。
初歩的な内容でも大丈夫ですので、お気軽にご質問ください。
例:どうしたらパフォーマンスが上がりますか?

コミュニティに参加して質問する
*承認ありがとうございました。
などはお気持ちだけで結構ですので、コメント欄にはご質問のみご記入お願いいたします。

ほぐすだけで体軸が通る方法

2017.08.27

体幹と肝臓の関係性は姿勢を見れば分かる

2017.08.24

膝の痛みの秘密

2017.08.21

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。