腰痛を調整する前にやってほしいこと

こんにちは、
体軸コンディショニングのマネージャー山川です。

日本人で5人に1人が悩まされていると言われている「腰痛」。
この腰痛は非特異的腰痛と特異的腰痛に分かれます。

非特異的腰痛は原因が特定できない腰痛と言われており、すべての腰痛の約8割を占めているとも言われています。
逆に特異的腰痛は原因が特定できる腰痛で、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの脊柱の異常や内臓疾患が原因です。

そんな腰痛患者が来たとき、原因を見つけて運動や徒手で調整しようと考えるのではないでしょうか?
ですが、その前にやってほしいことがあります。

たとえば腰を反るときに痛みや詰まり感を訴える人がいます。
そのような人の動き方には特徴があり、一様に痛みが出る動き方をしています。
この状態を変えない限り、いくら調整しても痛みはぶり返します。

痛みが出ない動きとはどういった動きかというと、股関節を使った運動ができているかということです。
背屈で痛みや詰まり感が出る人は、その幹部を支点に運動をしています。
そうすることで患部周辺の筋肉や骨格、神経系に負担が集中し、違和感として異常を訴えるのです。

しかし、股関節を支点にすることで運動そのものが変わり、脊柱の一部分に負担が掛かることがなくなるため、背屈時の異常すらもなくなるのです。

このように、ただ治す・整えるを考える前に、そもそもの運動自体どのようにしているのかを考えそれを変えるだけで、小難しい治療をしなくても身体の状態を変えることができます。
新しいテクニックや療法も大事ですが、すべての基本となる身体の機能的な運動を身につけるだけで、同じ療法でもその効果は大きくがってきます。
そのために、まずは自分自身の身体で機能的に動けるようになりましょう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

読むだけでトレーニングやリハビリの概念が変わる…
体軸の考え方がなぜ運動に効果があるのかがわかる小冊子
いまなら無料でダウンロードができます。

ダウンロードはこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー