部分痩せをしたい方へ

こんにちは。
体軸コンディショニングスクールの馬場です。

首、肩周り、二の腕、お腹、脚、、、

年齢を重ねるにつれて、洋服で隠したい部分が色々と出てきます。

気になる所を簡単に隠すことができる、ゆったりしたデザインの洋服を着ることが多くなっていませんか?

私も、夏になると二の腕を隠したいがために、薄手の長袖や袖が七分丈のものを着ていた時期もあります。

長袖を着れば、日焼け予防にもなるし、二の腕も隠せるのでそれが良いと思っていました。

 

しかし、その場しのぎの対策では二の腕は細くなりません、、、

当然のことながら、どんどんどんどん二の腕の脂肪は蓄積していきます。

見せなくなることで、余計意識が弱まり、ますます二の腕はボリュームアップしていくのです。

ですが、あるポイントを意識して生活することでそのボリュームを抑えることができました。

 

その方法をお伝えしますね。

まず、二の腕が太くなってしまう理由は、身体の使い方の癖による影響がとても大きいです。

・前鋸筋と腹斜筋が使えていないため、僧帽筋が収縮して肩が挙上している。

・猫背や巻き肩により肩関節が内旋し、大胸筋の収縮が継続状態である。

主にこの二つの癖により、腕を肩甲骨から動かすことができず、二の腕が使われない状態になってしまいます。

使われないということは、筋肉が衰え、血流が悪くなり脂肪が蓄積していきます。

では、猫背や巻き肩が原因なら、単純に胸を張って肩を後ろに引けば良い、もしくは、腕立て伏せをたくさんやればいいなど、対策として、このように考えがちです。

しかし、実はこのやり方では、その二の腕を細くすることは一生できません。

 

理由は、

・僧帽筋や広背筋が過剰に収縮している状態になる。

・筋肉の連鎖で骨盤が前傾するので腰を痛めやすい 。

・骨盤が前傾しすぎないように、腹直筋が過剰に働く。

このようなことが挙げられます。

 

その結果、身体のバランスが崩れ、体型崩れが加速します。

体型崩れを防ぐためには、脇と脇腹を使って動くようにすると効果的です。

前鋸筋 (脇) の収縮を意識できるようになると、腹斜筋 (脇腹) を使うことができるようになります。

これができれば、肩甲骨から腕を動かすことができるので、二の腕のシェイプアップに繋がります。

おまけに、脇腹を使うことで自然とくびれもできてしまいます。

正しい方法で二の腕をスッキリさせると、他の部分も綺麗にシェイプアップできるのです。

このように、ポイントを意識するだけで、綺麗な身体に変身できます。

 

筋肉を理解して、しっかりシェイプアップできるようになりたいですね。

 

====================

筋肉を理解してヨガとピラティスでシェイプアップを目指すならこちら。

>>>体幹パーソナルトレーナー養成講座

部分痩せを叶えたいのであれば、こちらもオススメです。

>>>体幹ダイエット

====================