肩甲骨を寄せたら腰が痛くなった

おはようございます。
体軸コンディショニングのヨガスクールマネージャー太田です。

体軸に出会うまで、私は手を床についてカラダを支えるヨガのポーズを行うとき、肩甲骨は寄せるものだと思い込んでいました。
そう教わり、なんの疑問も持たずにただ、ポーズを真似していたからです。

その頃は、床に手をつくヨガのポーズを行うたびに背中がシクシクと痛みました。
肩甲骨を寄せながら練習を繰り返していた私の背中は、緊張でガチガチになっていたのです。

おまけに、三角筋や僧帽筋、上腕三頭筋でカラダを支えていたため、それらの筋肉が発達しすぎてしまい、体格のわりに肩回りは大きくなっていました。

しかし、ポーズの完成形に囚われていた私は、多少のカラダの痛みは当たり前。
そう思い込み、練習を続けていたのです。

そんなある日、ふとした些細な動きです。
ただ、背中の後ろにあるものを取ろうと上半身をねじった瞬間…

「あ、痛いっ!」

私の腰は悲鳴を上げました。

今考えれば、当たり前です。

情けないことに、肩甲骨を寄せて使い続けた結果、三角筋や僧帽筋などのアウターマッスルが活発になり、菱形筋から広背筋、腰方形筋にかけて、常に緊張した状態だったため、背中はガチガチに固まっていたのです。

その限界が、少しの動きを行っただけで、痛みに繋がってしまったのです。

私は腰を痛めたときにふと考えました。
「カラダを痛めてまでやるヨガのポーズって何なんだろう…。」

本来、ヨガのポーズを行う目的は、ヨガの八支則の終盤にある、サマディと言われる、いわゆる悟りを開く一歩手前、瞑想をするためのカラダづくりにあります。

カラダを動かすことで、カラダの緊張を取り、瞑想をするためのカラダをつくる。

そこを目的としているはずなのに、肩甲骨を寄せながらアウターマッスルを優位にし、ヨガのポーズを練習し続けることは、本来ヨガが目指しているゴールから、遠ざかってしまうのではないでしょうか。

腰を痛めた原因は、肩甲骨を寄せてアウターマッスルが活発になった状態で練習をし続けてしまった結果です。

瞑想をするためのカラダづくりをしていたはずなのに、そのせいでケガをしてしまうのは、非常に残念です。

それならば、手をついてカラダを支えるポーズをやらなければいいのかというと、そういう訳ではありません。
本来、手をつくポーズは、自分のカラダを手で支えることで、体幹をつくれる素晴らしい動きです。

では、古来から伝わるヨガのポーズを、どう上手く行っていけばいいのでしょうか。

「肩甲骨を立てればいいのです。」

前鋸筋を使いながら肩甲骨を立て、前鋸筋からつながる腹斜筋も同時に使い、体幹を安定させながらヨガのポーズを練習するのです。

そうすれば、ケガをすることもなく、ヨガのポーズが行え、効率よくカラダの緊張を取ることができます。
アウターマッスルの緊張をとり、インナーマッスル(体軸筋)主体のカラダの使い方でポーズを練習していけば、その先の瞑想、さらに先のサマディまで繋げられるのです。

ヨガのゴールに近づきたいなら肩甲骨は立てて使いましょう。

肩甲骨を立てられるカラダをつくり、本来のヨガの目的を目指したい方はこちら
↓↓↓
http://metaaxis.co.jp/apply/category/item/ryt200/stage1/

 

スクールの情報はこちらをご確認下さい。
こちらをクリック

 

体軸コンディショニングの日々の活動をインスタにて毎日更新しています。
体軸のインスタをチェック

 

ご質問はこちら
ご質問や体軸に関するご質問はコミュニティにてお待ちしております。
初歩的な内容でも大丈夫ですので、お気軽にご質問ください。
例:どうしたらパフォーマンスが上がりますか?

コミュニティに参加して質問する
*承認ありがとうございました。
などはお気持ちだけで結構ですので、コメント欄にはご質問のみご記入お願いいたします。

クロスポイントの効果を高める方法

2017.08.24

あなたのヨガ、コスプレになっていませんか?

2017.08.18

マタニティさんもサポートできる

2017.04.23

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。