おじさんにも幸せホルモンが出る

こんばんは。
フィジオスクール校長の田中です。
先日、ウチの子どもの事を気にかけてくれる、公園で知り合ったお父さんとお話をする機会がありました。
私:「だいぶお疲れのようですね…マッサージしてますか?」
お父さん:「マッサージいいですね~。でもマッサージ屋には行ってませんよ。早く帰りたい気持ちの方が大きいですね。」
私:「いや、行くんじゃなくて。マッサージを子どもにしていますか?」
お父さん:「え、子どもにマッサージですか?しませんよ。一度もしたことないです。私がしてもらいたいくらいです。」
そんな少しお疲れ気味のお父さんですが、良い人という事は知っていたので、
最新のマッサージの効果について、教えてあげました。
<ちょっと前の情報>
マッサージを子どもにしてあげると、子どもには幸せホルモンと呼ばれているオキシトシンが出ます。
その効果は、
1、ストレスホルモンを減らす。
2、痛みを和らげる。
3、幸せを感じやすくなる
などなど、たくさんあります。
ですので、お子さんにマッサージをしてあげてほしいのですが、
それ以上に、親のメリットがあるので、お子さんにマッサージをやってみてほしいのです。
<最新の情報>
実は、幸せホルモンと呼ばれているオキシトシンが、マッサージしている親にも出ているのです。
つまり、親が子どもにマッサージをしていると、親のストレスなども和らいでくるのです。
不思議ですよね?
でも研究の結果、マッサージしている側にも、このホルモンが出ることが分かっているのです。
しかも、親が子どもにマッサージをする時、子どもを思いやってマッサージしてあげるため、
マッサージをしている親の方がマッサージを受けている子どもより、幸せホルモンがより出ているのです。
今回お話をしたお父さんは、私の話を最後まで真剣に聞いていました。
マッサージに興味を持ったようですし、普段からウチの子どもの事も気にかけて下さっているので、特別にマッサージをやってあげました。
ただ、公園でおじさんがおじさんにマッサージをしていると怪しいですよね(笑)
ですので、人目を気にして軽くポイントだけやってあげました。
それでも、効果はバツグンなので、そのお父さんは喜んでくれました。
「こんな簡単な方法で、こんなに違うの!?」
「だったら俺も子どもにやってあげようかな。」
「しかも、親にも幸せホルモンが出るんでしょ?そういえば、田中さん幸せそうですね。私もやってみますね」
と、 素敵な表情でお話してくれました。
どうやら、マッサージのやり方をあまり知らないという事も、
子どもにマッサージをやらなかった理由の1つみたいですね。
・効果がバツグンな方法を知りたい
・簡単に出来るポイントを知りたい
・幸せホルモンが出ているお父さんになりたい
↓↓↓

 

スクールの情報はこちらをご確認下さい。
こちらをクリック

 

体軸コンディショニングの日々の活動をインスタにて毎日更新しています。
体軸のインスタをチェック

 

ご質問はこちら
ご質問や体軸に関するご質問はコミュニティにてお待ちしております。
初歩的な内容でも大丈夫ですので、お気軽にご質問ください。
例:どうしたらパフォーマンスが上がりますか?

コミュニティに参加して質問する
*承認ありがとうございました。
などはお気持ちだけで結構ですので、コメント欄にはご質問のみご記入お願いいたします。

ママの負担を軽減するパパになる

2017.08.29

子育てにゆとりを感じられる方法

2017.08.28

足が速くなると子どもが変わる

2017.08.22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。