自己肯定感が低いと感じる人が掃除すべき意外な場所

こんにちは
メンタリストONO(おの)です。

今日は、6年くらい前にわたしの友人がかけてくれた
厳しくもありがたい一言を皆さんにシェアしようと思っています。

わたしは自己肯定感をずいぶん長い間こじらせていたので、、
「自分のことが大好き!」というキラキラした人に出会うと、
いまだにちょっと引け目を感じてしまいます。

今ではだいぶマシになってきましたが、当時は、

・「ダイエットに取り組んでも全然痩せない」
・「自分のことを責めて落ち込むことがある」
・「なんだかずっとイライラしている」
・「人のあら捜し、揚げ足取りをしたくなる」
・「好きな人に振り向いてもらえない」

最悪の負のループの渦中にいました。。もう、なんというか、全部ですね!!

うまくいかないこと尽くしで、
「自分のことが好きになれないし、恋愛もうまくいかないし、痩せないし…」
と、高田馬場の喫茶店で友人に愚痴っていた当時の私に、
友人はぴしゃりと次のように一喝したのです。

「もう!帰ってトイレ掃除しな!ピカピカにしな!」

意味がさっぱりわからなかったので、
しばらくきょとんとしてしまいましたが、
藁にもすがるような気持ちだったので、
素直に彼女の言葉に従って、ピカピカになるまで家のトイレ掃除をしてみたのです。

いつもそれなりに掃除をしている場所でも、
ピカピカにすると気持ちがすっきりしました。

調子に乗ってマットやタオルを買い替えて、きれいなトイレを維持していると、
「私の家のトイレはきれいに掃除してある」
というのが知らない間に見えない自信になってきているのがわかりました。

当時の私にとってはトイレ掃除という、
自分との小さい約束を守り続けるということが心の栄養になったのだと感じます。

そして、心に栄養がいきわたると、
芋づる式に他者に寛大になり、イライラ、モヤモヤした感情は影を潜め、
恋愛やその他の人間関係も円滑になってきました。
そして、対人関係のストレスが減ってくると、パンパンだった身体がするすると細くなりました。

もちろんトイレ掃除が、人間関係やダイエットに直接作用するわけではありません。
(トイレ掃除のカロリー消費なんてちっぽけですし…。)

しかし、「風が吹けば桶屋が儲かる」のように、
トイレ掃除が間接的に作用したことは間違いありません。

あなたが日ごろ悩んでいることが、
実は思ってもみないものや、思ってもみない事柄にこびりついている可能性があります。

あなたの心に栄養を与えるのは、あなた自身のどんな行動なのでしょうか。

それを見つけたり、思い出したりするきっかけになるかもしれません。

きっかけを手に入れたい方はこちら

p.s. トイレ掃除、本当に侮れないのでとりあえずやってみてください!

こちらは無料でダウンロードできます。
【メンタリストの手法】

https://fs223.formasp.jp/p642/form21/

【マインドリリース法】

https://fs223.formasp.jp/p642/form28/

*メンタリズムとは?

行動や態度、言葉などから相手の心理を読み解き、思うままに誘導する技術のことで、

メンタリズムとは本来、人と人とがよりよい関係性を築くための大きな助けとなるスキル。

*体軸メンタリズムとは?
あらゆる分野でハイパフォーマンスを実現する身体理論である体軸理論に基づいて、
人の行動や態度などを心身相関の関係から人の心理を紐解き、
心身の調和を図り、人間関係を円滑にしていくためのスキル。