メンタリストが交通事故を起こして初めて気づいたこと

こんにちは。メンタリストTanaKaです。
私は学生時代、サッカー部に入っていましたが、
体育会系のノリが苦手です。

苦手という感覚もありますが、
羨ましい気持ちの方が強いかもしれません。

昔の私は、人に対してグイグイ言うことができなかったのです。

なんか自信ありげな人が羨ましかったですね。
今でこそなくなりましたが、
当時は「自信ありげな人」に会うと、引け目を感じていました。

・自分に自信がない。
・人にハッキリものを言えない。
・そんな自分のことを責めて落ち込む時がある。

いま思うと、私はめんどくさいヤツですね。笑

他にも、
・陰で人の悪口を言う。
・上手くいかない事があったら、言い訳ばかりする。

ホント、ろくでもないヤツですね。笑笑

そんな私は大きな事故を起こしまして、
それから変わることができました。

〔大きな事故で気づけたこと〕

私は、交通事故を起こしまして、左脚のスネを骨折しました。
なかなか派手な骨折で、骨が飛び出てしましましたし、
車のウィンカーランプの破片などが、脚の中に入り込んでいました。

そのため、キレイに消毒しても消毒しきれないため、
感染の恐れがあると言われ、
最悪の場合、脚を切断することになるとも言われました。

実際に、太ももよりもスネは太くなりました。
幸い、切断には至りませんでしたが、
感染の影響で、手術は1年間で5回もしました。

なかなか長い入院でしたが、
そこで様々なことを学びました。

病院のメシはマズイので、
普段何気なく食べているものが、どんなに美味しいか。
入院中に初めて近くの牛丼屋に行った時の
あの牛丼の旨さは忘れられませんね。

他にも、
・かさむ入院費とお金の大切さ
・人のちょっとした優しさのありがたみ。
・親のありがたみ。
・自分の弱さ
・生きていることの感謝

などなど、初めて気づくことが多い1年でした。
そして、自分は今まで勘違いをして生きてきたことを知りました。

自分で言うのもなんですが、
お見舞いに来てくれた人が思ったより多かったのですよ。
お見舞いのない日がなかったです。
もちろん、1年間の入院生活の最後の方は、少なかったですが。

「こんなろくでもない自分に、
こんなに多くの人が来てくれるなんて…」

本気で感動し、感謝しました。
そして、自分自身を認めることができました。

あの事故がなかったら、私は変われなかったと思います。
ですので、もし、あなたも変わりたいのなら、
交通事故を起こしてみてください。

ウソです。笑

私はろくでもない人間だったので、
「脚を切断するかもしれないような事故」というキッカケがないと
人に感謝もしないし、自分にも自信が持てませんでしたが、
あなたは違うと思います。

もっと別のキッカケで、
自信が持てるようになると思いますよ。

日々の中でキッカケを意識してみてください。

===========================
キッカケが欲しい方は
こちらを覗いてみてください。

=============================

【マインドリリース法】の無料冊子のダウンロードは
こちら

身体を整えるための無料冊子は
こちら

 

=============================