こどもの気持ち予報士

こんばんは。
フィジオスクール校長の田中です。

私は平日休みの時があるのですが、
そんな日は、小学校から帰ってくる長男を家で待つことになります。

長男:「ただいま~」
私 :「おかえり~」
   「はい、抱っこ~。」
   「うわぁ~、今日は重いね~」

別に、荷物が重い訳ではありません。
こどもの身体が重く感じるのです。

もちろん、体重が増えた訳でもありません。
疲れていたり、身体が緊張してコリ固まっている場合、重く感じるのです。
そして、そういう日の夕方や寝る前は、だいたいグズります。

このように、
こどもの身体を持ち上げたり触ったりすると、
こどもが荒れるのが分かるのです。

まるで天気予報みたいですよね。

事前に分かっていれば、実際にグズッた時に、
「はい、グズった〜。笑」
みたいな感じで、イライラする事も減ります。

え…そんなこと、普通は分かる訳ない!
と思うかもしれません。

実は、2つの方法で誰でも分かるようになります。

1つは、毎日こどもの身体を触る事。
脚や手、特に背中は重要です。
なぜなら緊張は背中に現れやすいからです。
毎日触っていると、だんだん違いが分かってきます。

もう1つは、大人の身体をリラックスさせること。
自分で気が付いていない人が多いのですが、
意外とあなたも身体が緊張しています。

それもそのはずです。
仕事と育児に追われていますからね。
緊張した状態では、こどもの些細な身体の変化に気づきません。

気づけないから、急なこどもの変化についていけず、振り回されることもあるかと思います。

こどもパームセラピーでは、
・こどもへの手当ての仕方
・親の身体を整える重要性
・あるポイントを使った身体を整えるやり方
などをお伝えします。
そして、その場で身体の変化を感じてもらいます。

感じて初めて自分がいかに緊張していたか。
それに気づく人が本当に多いのです。

受講生の方からこんなコメントを頂いています。

・思い返せば、固い手で子どもに触っていた。
・2日目で腰痛がやわらいだ。
・自分をメンテナンスしていきます。
実際の感想

このように、身体の変化を感じていただけます。
大人の身体の状態が整えば、こどもの些細な変化に気づけます。
気づくことが出来れば、落ち着いた対応が取れます。

こどもの気持ち予報士になる方法はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。