足指をほぐせば腰痛は解消される

固まってしまった足の指先をほぐせば腰痛が解消されるといった話があり、そういったことから足指を伸ばす体操があります。

ですが、その足指を伸ばす体操で腰が良くなる人もいれば、腰が全く良くならない人もいます。

なぜ、人によってこのような違いが出てしまうのでしょうか?

腰が痛くなる根本的な原因

腰痛になっている人の足を見てみると、足先の指が浮き、踵に重心がかかってしまっていることが多く見受けられます。

足先の指が浮き、踵に重心がかかってしまうと、バランスを取ろうとして、姿勢が前かがみになるため、骨盤が前傾し、背中や腰の筋肉(脊柱起立筋)の緊張が高くなり、固まりやすくなります。

腰痛になる理由は、背中や腰の筋肉の緊張が高くなり固まることによって、腰の負担が増してしまうからなのです。

なぜ足指を伸ばすと腰痛が解消されるのか

では、なぜ、足指を伸ばすだけで腰痛が解消されるでしょうか、、、

理由としては、足指を伸ばすことによって、足裏の筋肉の余計な緊張がなくなり、足先の指が浮かなくなることが1つ挙げられます。

足先の指が浮かなくなれば、身体の重心の位置が戻るので、結果として背中や腰の筋肉の緊張がなくなり、腰の負担が減ります。

足指を伸ばして腰痛が解消されるのは、こういった理由があるからなのです。

しかし、これで腰痛が解消される人が一方で、足指を伸ばしてもなかなか痛みがなくならない方もいます。

これはなぜかというと、足裏の緊張をなくしただけだと、足裏の筋肉がうまく使えるようにはならず、重心の位置を戻すことができないためです。

ですので、足裏の筋肉の緊張をとると同時に足裏の筋肉を使えるようにしていくことで、重心の位置を戻し、背中や腰の負担を軽減していく必要があります。

腰痛を解消する足裏の体操

・土踏まずの真ん中を手で押さえる。
・押さえながら足の指をグー、パーと大きく動かしていく。
・10回ほど行ったら、反対の足も同様に行う。

*動画はこちらからご覧ください。

このワークを行うことで、足の裏の筋肉が働きやすくなり、足先が地面にしっかりと着き、浮かなくなります。

足先が浮かなくなれば、重心の位置も元に戻るので、姿勢が良くなり、背中や腰の筋肉の余計な緊張がなくなります。

股関節を同時に使えるようになればさらに良くなる

足の体操だけでも背中や腰の緊張を落とすことはできるのですが、同時に股関節を使えるようにするとさらに効果的になります。

これは股関節から足裏まで複数の筋肉同士(後脛骨筋・腓骨筋〜膝窩筋〜ハムストリング〜内転筋群)で繋がっているためです。

ですから、股関節を使えるようにすることで、足裏の筋肉もさらに働きやすくなって、重心の位置や姿勢もキープしやすくなるのです。

股関節のワークは以下の通りになります。

腰痛に悩んでいる方は、これらのワークをぜひ試してみてください。
もし、周りに困っている人がいたらシェアしてあげてくださいね。

【筋膜アナトミー】
【間違いだらけの体幹トレーニング】
【体幹の強さを判断する方法】
↓ ↓ ↓
https://metaaxis.co.jp/pdf/

The following two tabs change content below.
体軸コンディショニングスクール
ヘッドトレーナー

<保有資格>
JCMA認定体軸セラピスト
JCMA認定ヨガセラピスト
RYT200
NASM-PES
NSCA-CPT

最新記事 by 山根理貴 (全て見る)

ABOUTこの記事をかいた人

体軸コンディショニングスクール
ヘッドトレーナー

<保有資格>
JCMA認定体軸セラピスト
JCMA認定ヨガセラピスト
RYT200
NASM-PES
NSCA-CPT