股関節を整えれば肩こりは和らぐ

首や肩がいつも凝っていて酷い。
そんな方は、股関節の前側を触ってみてください。

もし固いなら、、
それが首や肩の凝りの原因になっている可能性があります。

そもそもなぜ、首や肩が凝ってしまうのか?

首や肩の凝りに悩まされている方の姿勢として、
首が前に出ていて背骨が曲がっていることが多く見られます。

このような姿勢になっている方は、
首の前側の筋肉(斜角筋)が過剰に働いており、
首や肩の張りや凝りなどの症状を引き起こす原因になります。

首の前側の筋肉が固くなってしまう原因としては、
呼吸が浅くなってしまっていることが挙げられます。

姿勢と呼吸の関係

通常、息を吸う時、横隔膜(呼吸をするための筋肉)が働いて肋骨が拡がります。

しかし、背骨が曲がっている姿勢だと肋骨が閉じた状態になるため、息を吸っても肋骨が拡がりづらく、横隔膜の働きにくくなってしまいます。

このような状態になると、代わりに呼吸を補助する働きを持つ首の前側の筋肉(斜角筋)が過剰に働き、横隔膜が働かなくなった分を補おうとします。

首の前側の筋肉自体は大きな筋肉ではないので、
負担が大きくなることですぐに固くなります。

また、首の前側の筋肉が固くなってしまうと働きにくくなるため、首の前側の筋肉の働きを補おうと肩の筋肉(僧帽筋)を使って肩をあげた状態になります。

首こりや肩こりといった状態に悩まされるのは、姿勢が乱れることによって、呼吸が浅くなり、結果として首や肩の筋肉が過剰に働くようになったからなのです。

首の前側の筋肉の働きを抑えるには、
曲がっている背骨の位置を正す必要があります。

背骨の位置を正すには以下のワークをしてみましょう。

・へそから4横指上のみぞおちを押さえる。
・押さえたところの真裏の背骨を押さえる。
・背骨を前後、左右、回旋と5回ずつ動かす。

ワークの動画

このワークを行うことで、
背骨のカーブに関係する体幹のインナーマッスル(大腰筋)や背中の筋肉(脊柱起立筋)、
呼吸に関係する横隔膜などの筋肉がバランスよく働くようになり、背骨の状態を良くすることができます。

しかし、実を言うとこれだけでは不十分な場合があります。

股関節を整えれば姿勢は良くなる⁉︎

なぜ、先程紹介したワークだけだとダメなのか、、、

それは背骨が曲がった姿勢の方は、
股関節の前側が固まっていることがあるからです。

股関節の前にはもも前の筋肉(大腿四頭筋)があり、固まっていると筋膜上で繋がっている腹筋(腹直筋)にも影響を与えます。

腹筋が縮んだ状態のままだと背骨が曲がってしまい、背中の筋肉が働きにくくなってしまいます。

ですので、股関節の前側の緊張を変えることで、
腹筋の緊張が落ち、背中の筋肉が働きやすくなります。

股関節を整えるワーク

・足のスタンスを肩幅に拡げ、つま先と踵を真っ直ぐに揃える。
・ビキニラインの真ん中を押さえる。
・押さえたところを挟み込むようにして、お尻を後ろに突き出しお辞儀をする。
・お尻の付け根あたりが伸びたら、ゆっくりと起き上がる。
・これを10回ほど繰り返す。

ワークの動画

このワークを行うことで、
体幹のインナーマッスルやもも裏の筋肉(ハムストリングス)が働くようになるため、前ももの筋肉の働きが抑えられます。

前ももの筋肉の働きが抑えられれば、腹筋の緊張がなくなるので、背中の筋肉も働きやすくなります。

首や肩のコリに悩まされているという方は、
ぜひこれらのワークをやってみてください。

【筋膜アナトミー】
【間違いだらけの体幹トレーニング】
【体幹の強さを判断する方法】

などは、こちらから無料ダウンロードできます。
metaaxis.co.jp/pdf/

The following two tabs change content below.
体軸コンディショニングスクールは、施術,スポーツ,仕事… すべてのパフォーマンスを向上させたい方のために、体軸理論の情報をお届けするスクールです。 あなたが体軸を形成できるように身体のバランスを整える方法や、スポーツや施術におけるパフォーマンスを高めるための情報をお伝えしています。 体軸コンディショニングスクールは、同じ考え方を持った4.5万人を超えるファンの方に支えられています。

ABOUTこの記事をかいた人

体軸コンディショニングスクールは、施術,スポーツ,仕事… すべてのパフォーマンスを向上させたい方のために、体軸理論の情報をお届けするスクールです。 あなたが体軸を形成できるように身体のバランスを整える方法や、スポーツや施術におけるパフォーマンスを高めるための情報をお伝えしています。 体軸コンディショニングスクールは、同じ考え方を持った4.5万人を超えるファンの方に支えられています。