みんなを笑顔にする魔術師になる

こんにちは。
体軸コンディショニングの土屋です。

無事帰国しましたので、月曜日に銀座のオフィスに出社してきました。

嬉しいことに体軸整体のご予約を沢山いただき、
勤務時間の間はほとんど施術をしていました。

今回担当させていただいた方のほとんどが新規のお客様で、

「どこに行っても治らなくて、Facebookの記事を見て藁にもすがる気持ちで来ました。」
「本当に身体の限界を感じて、これ以上我慢するしたら手遅れになると思って来ました。」

などなど、共通していることは、

「自分の身体を良くしてもらいたい。」

この一言に尽きます。

特に今回印象的だったのは、ある運動部に所属している高校生でした。
怪我をして病院に行っても治らず、

「痛みがあるならやってはダメ。」
「まだ先があるから無理はするな。」

周りから言われることは、このような言葉…

でも、高校時代は一番身体を動かしたい時期かと思います。
自分が怪我で休んでいるときにチームメイトは練習していて、

「追い抜かれてしまうんじゃないか?」
「これ以上、差をつけられたくない!」

練習を見ていると不安になってきてしまう気持ち、痛いほどよく分かります。
私自身がそうでしたから尚更なんでしょうけど、何とかしてあげたいって思いました。

一緒にいらっしゃったお母様も心配な表情でしたので、少しでも安心していただくため、
今回は施術しているところを見ていただきました。

最初は少し緊張しながらも不安な感じが見てとれましたが、
施術をしながら痛みがある動きを改善していくうちに表情が明るくなってきました。

なぜなら、

「痛くない!」
「身体が軽い。」

このように悩みが解決したからです。
痛みがなくなると徐々に受け答えもハキハキして、笑顔になってきました。
心配そうに見ていたお母様の表情も明るくなり、私もひと安心しました。

私もアスリートのマネージメントをしていたときは、選手がケガをしてしまえば心配になり、何も出来ない自分が無力に思えました。

しかし、今は違います。
ケガをしているアスリートやお客様の施術をしっかり行っています。
無力感に襲われることはありません。

また、直ぐに変化を感じていただけるような方法を取り入れているのですが、

「魔術師みたいですね!」

なんて言われることも多々あります。

ですので、多くの方たちの笑顔を見る機会が増えました。
周りの方たちの笑顔を見ると私自身が笑顔になれるので、毎日充実しています。

みなさんの周りには、ケガや身体の痛みで悩んでる方はいませんか?

心配するだけでは治りません。
あなたの力で身体の困り事を解決できるようになると、あなた自身の笑顔も増えますよ。
↓ ↓ ↓
体軸セラピストになって、みんなを笑顔にしたい方はこちら

*体軸コンディショニングの日々の活動をInstagramにて毎日更新しています。
各講座の様子が分かる写真もあります。
体軸のInstagramをチェック

*過去の記事は以下のサイトで見れます。
http://taijikuconditioning.com/