前屈で床に手が届かない本当の理由

こんばんは。
アナトミーの鬼の田中です。

「う~ん、床に手が届かない・・・」
「もう少し、前屈が楽にできるようになりたい」

前屈について、このような声を受講生の方からよく聞きます。
 
ところで、
床に手が届かない原因は、本当に柔軟性がないからでしょうか?
単純なストレッチや筋膜リリースを地道にやっていけば、床に手が届くのでしょうか?
 
実は違います。
どういうことか、固い人の特徴も踏まえて一緒に確認していきましょう。
 
 
<手が床に着かない人の特徴>
 
前屈をすると、太ももの裏の筋肉とふくらはぎの筋肉が突っ張ってくるかと思います。
 
その状態から一所懸命に前屈をやろうとすると、背中だけが丸まって、股関節から曲がっていない方が多いのです。
 
 
<1、足の使い方を変える>
 
真っすぐ立った状態で、足の裏は床に全部着けたまま、外くるぶしの方に体重をかけてみて下さい。
 
その状態から前屈をします。
すると、少し前屈がしやすくなり、手が床に近づいたかと思います。
 
ストレッチやリリ―スをしていないのに、変わりましたよね?
この足の状態は、土踏まずを作る筋肉の1つである後脛骨筋を使いやすくするためです。
 
 
なぜ、この筋肉を使うと前屈が変わるのかは、のちほどまとめて説明しますので、もう1つ、やってみましょう。
 
 
<2、上半身の使い方を変える>
 
先ほどの外くるぶしに体重をかけた方法で前屈をして、限界の位置で次のことを試してみて下さい。
 
両手で自分の身体を抱くように脇の下を触る。
 
いかがですか?
先ほどの限界の位置からまた少し前屈ができたかと思います。
 
1と同様に、ストレッチやリリースをしていないのに前屈が変わりましたよね?
この時、背中が更に丸くなった訳ではなく、股関節からしっかり前屈ができています。
 
 
<インナーマッスルを使うことが大事>
 
1の動作では、土踏まずを作る後脛骨筋を働きやすくしました。
 
この筋肉は、インナーマッスルで有名な大腰筋や横隔膜とつながっている筋肉です。
筋膜で有名なアナトミートレインでいえば、ディープフロントラインです。
 
2の脇の下を触る動作では、実は前鋸筋という筋肉を触ってもらいました。
 
この筋肉は、腹筋の中でも重要な腹斜筋とつながっている筋肉です。
 
これらの筋肉を使いやすくすることで、体幹が安定し、身体の余計な力が抜けました。
 
また、体幹が安定したことで、股関節から動けるようになっています。
単純に柔軟性が増えたというよりは、身体の使い方が変わったのです。
 
そのため、床に手が近づいたのです。
 
単純なストレッチや筋膜リリースで筋肉を痛めたことはありませんか?
 
身体を柔らかくするためにストレッチをする際には、インナーマッスルを高めて、
・身体の使い方を変える事
・筋肉の余計な緊張を落とした状態にする事
 
この2点が重要です。
 
『身体の使い方を変える事』『筋肉の余計な緊張を落とした状態にする事』、
つまり、この2点を満たした状態が身体が柔らかいということだと思います。
 
是非、順番を大事にして前屈などのストレッチや筋膜リリースを試してみて下さい。

・今よりもっと簡単に身体を柔らかくなることができる。
・筋肉を痛めずに、楽に伸ばすことができる。
・楽に続けることができる。
↓ ↓ ↓
その方法の詳細はコチラをクリック

*体軸コンディショニングの日々の活動をInstagramにて毎日更新しています。
体軸のInstagramをチェック

*過去の記事は以下のサイトで見れます。
http://taijikuconditioning.com/