運動機能を高め続ける解剖学

こんにちは、
体軸コンディショニングのマネージャー山川です。

昔、解剖学の勉強をしていて、ふと疑問に思ったことがあります。

「実際に生きている人を解剖して見たらどうなんだろう?」

よく考えると恐ろしい発言ではありますが、私と同じように考えた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

なぜなら、教科書や書籍になっている解剖学は、検体を使って筋肉の働きを分析しています。
確かに、ひとつひとつの筋肉の役割はそれでもいいと思うのですが、人の身体はひとつの筋肉で動くことはありません。

腕を上げるという単純な動作でも、複数の筋肉が連動して働いています。
この時に、どの筋肉がどのように連動して働くかは、検体では分からないのです。

ですので、いくら解剖学に勉強をしていても、機能的な運動をすることが難しいのです。

そこで、私たちは運動構造をもとに、機能的な運動とそうでない運動の筋肉の使い方を、実践を通して分析しています。

もちろん、教科書で学ぶ解剖学の知識も必要です。
ですが、がむしゃらに勉強していては、運動機能を高め続けることができません。

もし、
・誰かの身体の動きをよくしてあげたい。
・怪我をしない運動を伝えたい。
・楽に動ける身体づくりをしてあげたい。
と思っていたら、まずはあなた自身が運動構造をもとにした解剖学を学び、違いを体感してみてください。

体感する方法はこちら

 

スクールの情報はこちらをご確認下さい。
こちらをクリック

 

体軸コンディショニングの日々の活動をInstagramにて毎日更新しています。
体軸のInstagramをチェック

 

ご質問はこちら
ご質問や体軸に関するご質問はコミュニティにてお待ちしております。
初歩的な内容でも大丈夫ですので、お気軽にご質問ください。
例:どうしたらパフォーマンスが上がりますか?

コミュニティに参加して質問する
*承認ありがとうございました。
などはお気持ちだけで結構ですので、コメント欄にはご質問のみご記入お願いいたします。

ほぐすだけで体軸が通る方法

2017.08.27

体幹と肝臓の関係性は姿勢を見れば分かる

2017.08.24

膝の痛みの秘密

2017.08.21

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。