美尻トレーニングは腰を痛める

おはようございます。
体軸コンディショニングのヨガスクールマネージャー太田です。

今年は美尻ブームに火がついて、お尻の形がきれいなインストラクターさんが、テレビ番組や雑誌などのメディアでたびたび見る機会が増えましたね。
余分なぜい肉がなく、キュッと引き締まっているのに、女性らしいお尻の丸みはしっかりある。
あの美尻…憧れますよね。
女性のファンが付くのも頷けます。

そのため、美尻になるためのトレーニングに触れる機会が増え、素敵な美尻になるために、それらを見て実践している人も多いのではないでしょうか。

例えば、脚を肩幅に開き、腰を上げ下げするワイドスクワットがあります。
このトレーニングは、ハムストリングスや内転筋群を強化してお尻を持ち上げるという目的があるのですが、美尻トレーニングでは大臀筋というお尻の筋肉を主に鍛えていきます。

しかし、大臀筋を使いながらトレーニングをすると、腰が自然に反りやすくなります。
実際に立った状態で、お尻の筋肉にギュッと力を入れてみてください。
腰を反りやすくなりますよね?
この腰を反った状態で動きつづけると、腰や膝を痛めやすくなります。

では、腰を反らさずに行えば問題ないのでは…と思った方もいると思います。

ですが、姿勢を変えただけでは決定的に足りないことがあります。

それは、
「股関節の使い方が大きく違う」
という部分です。

股関節を伸ばす時に、お尻の筋肉を使って動かすこともできますが、もも裏の筋肉を使って動かしていくこともできます。
このもも裏の筋肉を使って動けるようになると、
お尻を固めず、腰が自然に反るようなことが無くなるのです。

もし、お尻の筋肉を使って動き続けると、
拮抗筋である腿前の大腿四頭筋が働きやすくなり、
脚がどんどん太くなっていきます。

せっかく美尻を作ろうとトレーニングしているのに、
逆に脚が太くなってしまうなんて、、
考えただけで悲しくなりますよね。

もし、本気で美尻を目指したければ、
まずは股関節が使えるようにしましょう。

女性のライフサイクルヨガ指導者養成講座のStage3まで受講すると、
「脚が細くなり、お尻が上がった!」
と報告してくれる卒業生は多くいます。

ヨガのポーズで、アウターマッスルの緊張をとり、インナーマッスル(体軸筋)が使えるカラダの使い方を覚えて下さい。
そうすれば、美尻は簡単に手に入ります。
↓↓↓
身体を痛めずに美尻を作りたい方はこちら

*体軸コンディショニングの日々の活動をInstagramにて毎日更新しています。
体軸のInstagramをチェック

*過去の記事は以下のサイトで見れます。
過去のメルマガはこちら