こどもの運動能力が伸びないのは背すじを伸ばすことが原因!?

こんばんは。
福井を拠点として、全国のこどもたちに身体づくりを届けているやまちゃん(山崎仁史)です。
 
先日は愛知でこどもの身体づくりワークショップを開催しました。
 
こどもに身体づくりをさせたい熱意のある親御さんがこぞって手を挙げて、やまちゃんを地元に呼んでくれています。

お陰様で来年からも私には休みはありません。

本当にありがたい事です。

さて、そんな講座の中で、決まって「うちの子猫背でなんとかしたいんです」と相談されます。

そんな時私は必ずこの話をして、背筋の正しい伸ばし方を伝えております。

こどもに、「背すじを伸ばしなさい」と声をかけると決まってこどもは背中を反ります。
 
真面目なこどもは、背中を反った姿勢が背すじが伸びた正しい姿勢と思い込んでいます。
 
むしろ、親がそのように思い込んでいるため、こどもたちは背中を反って背すじを伸ばそうとします。
 
しかし、この背すじの伸ばし方ばかりしているとタイトルにもあるように、こどもの運動能力を低下させる一因にもなります。
 
今回は、背中を反った背すじの伸ばし方が、
なぜこどもたちの運動能力を低下させてしまうのかを詳しく解説していきます。
 
こどもにとって正しい姿勢の作り方を知りたい方は、続きを読み進めてください。

 
《間違った背すじの伸ばし方が身体の柔軟性を低下させる》
 
ついつい「背すじを伸ばしなさい!」と背中を反らせてしまいますよね。
 
実はこれ、猫背の改善には全く繋がりません。
 
それどころか背中を無理矢理反らせた姿勢をとらせてしまうと、
脊柱起立筋や僧帽筋、広背筋といった背筋の筋肉の緊張を高めてしまうことになります。
 
これらの筋肉を過度に使いすぎてしまうと、身体の柔軟性が低下してしまうのです。
 
1つやってみてください。
 
立った姿勢から前屈をしてみましょう。
 
どこまで手が伸びたか覚えておいてください。(こどもなら床に手が楽について欲しい)
 
次に、30秒ほど背中を反らし気味の「背筋を伸ばした姿勢」を続けてください。
 
もう一度前屈をしてみます。
 
どうですか?先ほどよりも前屈がいきにくくなったかと思います。
 
このように、背中の筋肉を過度に収縮し続ける姿勢を取ることで背中全体が固まってしまい、身体の柔軟性が低下してしまいます。
 
身体の硬い原因が、実は間違った姿勢指導にあるということがお分かりでしょうか。
 
つまり、身体が硬いことで身体の使い方が自然とぎこちなくなり、
結果、運動能力がなかなか伸びないといったことにつながります。
 
 
《背中を反らない正しい背すじの伸ばし方》
 
では、しっかりと背すじを伸ばさせるためにはどうしたらいいのかというと、
 
背中とは反対の【みぞおちを伸ばすこと】です。
 
みぞおちとは、おへそから4横指ほど上に位置する場所です。
 
猫背になると、このみぞおちは潰れて縮んでしまいます。
 
そのため、みぞおちを引き延ばしてあげることで姿勢は良くなります。
 
また、みぞおちのところには、大腰筋や横隔膜といった体幹のインナーマッスルがあるため、
これらの筋肉がしっかりと働くことで「持続的」に良い姿勢を保つことができるようになります。
 
*インナーマッスルは、深層の筋肉であり、持久力に富んだ性質があります。
 
このことから、正しい背すじの伸ばし方は背中を反るのではなく、みぞおちを引き伸ばす方が正しいのです。
 
最後に姿勢を良くして運動能力を上げることにも繋がる体操を、1つご紹介します。
 
 
《姿勢を良くし運動能力を上げるみぞおち引き伸ばし体操》
 
体操の姿勢:立った姿勢
 
1、おヘソから4横指上のところを指で軽く押す。
 
2、口を閉じ鼻で息を吐きつつ、みぞおちの力を抜き、みぞおちを丸めながら指を深くお腹の中に押し込んでいく。
 
3、鼻で息を吸いながら、ゆっくりみぞおちを頭側に引き伸ばしていく。
 
4、みぞおちが上に伸びきったところでゆっくりと3回鼻から深呼吸を繰り返す。
 
5、1〜4を5回ほど繰り返し、最後は力を抜いて終了。
 
*ポイント:
・みぞおちを丸める時、なるべく腹筋に力が入らないようにする。
 
・みぞおちを引き伸ばす時、肩が一緒に上がらないようにする。
 
・みぞおちを引き伸ばす時、背中を反りすぎないようにする。
 
この体操をやったら、先ほどの前屈動作をもう一度やってみてください。
 
先ほどよりも前屈がいきやすくなったかと思います。
  
このようにみぞおち付近を中心として背骨の動きを作っていくことで、
体幹部のインナーマッスルが自然と機能していくようになり、良い姿勢と運動能力を上げる両方にとってプラスになります。

他にもたくさんある姿勢の整えるポイントを知りたい方は、
こちらをクリック 
↓ ↓ ↓
ご家庭で出来るこどもの姿勢を整える方法

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
こどもの予防医学のHPが出来ました。
HPはこちら
https://kids.metaaxis.co.jp

Facebookのファンページに「いいね」をしていただけると、
当スタジオの最新の投稿を随時見ることができます。
各Facebookの「いいね」はこちらから

Facebookこどもの予防医学
https://goo.gl/O5XVUL

Facebook 体軸コンディショニングスクール
https://goo.gl/Qa7IYP