ヨガが運動療法になる理由

おはようございます。
体軸コンディショニングのヨガスクールマネージャー太田です。

先日、初のWeb配信講座である、体軸スポーツ[運動構造分析法]の撮影に参加しました。
↓↓↓
https://shop.metaaxis.co.jp/171228-web-sports-analysis/

正直なところを打ち明けますと…、
撮影に参加する前は、スポーツも熱心に観覧するタイプではないし、強いて言うなら、ミーハーでフィギアスケートを観る程度です。
そして私自身は、スポーツトレーナーとして活動する気はまったくありませんでした。

多少の興味はありましたが、受けないと損する!
という強い食い付きはなかったです。

ところが受けているうちに、ヨガに落とし込める部分がほとんどで、さらに、今までやってきたことの答え合わせをする形にもなりました。

自分の中に、より深く体軸を落とし込むことができ、さらにスポーツの分析に役立つ内容に驚き、終わった頃には、
これ、凄くないですか⁈
と絶賛していた程です。

このような経緯があったので、今日はヨガに絡めて、講座の内容を少しお伝えしようと思います。

例えば、体軸ヨガでは基本のポーズとなる「ブッタのポーズ」ですが、このポーズ、体軸では当たり前になっているポーズです。

実は…正直なお話すると、
体軸と出会った当初、私はこのポーズをやらされる意味が、わかりませんでした。

ヨガのポーズっぽくないし、
なんとなくカッコ悪いし気がするし、、

といった様子で、ブッタのポーズを斜に構えてみている部分がありました。

ですので、当初はよくわからないまま、
とにかくやれって言われたから練習してます。
そんな程度のスタンスで行なっていました。

しかし、繰り返し練習をしているうちに、
気づいたら習得出来ていて、
気づいたら色々なヨガのポーズに対応できる、
カラダの使い方ができるようになっていました。
そして、頭でもカラダでも、このポーズの必要性を理解することが出来たのです。

ちなみに、このポーズは古来から伝わる伝統的なハタヨガのアーサナには存在しないポーズです。

それもそのはず。
実は10年前ほどに代表の高橋が、
「絶対に必要な型だから」
と、体軸ヨガに取り入れたポーズになります。

今となっては、ブッタのポーズの重要性を理解しています。
だから、講座の受講生にも耳にタコができる位、このポーズが大事だから、基本だからと伝えています。

そんなブッタのポーズ、実は、、
運動構造分析法に必要な型をベースに考えられたポーズだったのです。

私は知らずと、運動構造分析法を元に考えられたヨガのポーズを練習し、カラダの使い方のパフォーマンスを上げさせられていたのです。

高橋龍三の手の平で、上手に転がされていたんだ。
ということも、この講座で理解できました。笑

ヨガとスポーツ、関係なさそうにみえますが、
運動構造分析法を知ることで、体軸ヨガの理解がより深まります。
運動療法としては足りない、と言われる一般的なヨガとは違い、運動構造分析法を元に考えられたヨガだからこそ、運動療法としても役立てるのです。
↓↓↓
運動構造分析法が考慮されたヨガを学びたい方はこちら

P.S.
体軸スポーツ[運動構造分析法]は、
すでにヨガを学んだ人にも受けて欲しい講座です。
なぜなら、今のヨガの知識をさらに発展させることができる内容だからです。
↓↓↓
https://shop.metaaxis.co.jp/171228-web-sports-analysis/

*体軸コンディショニングの日々の活動をInstagramにて毎日更新しています。
体軸のInstagramをチェック

*過去の記事は以下のサイトで見れます。
過去のメルマガはこちら

**********************
■ご質問はこちら
メルマガに関するご質問や体軸に関するご質問はコミュニティにてお待ちしております。
初歩的な内容でも大丈夫ですので、お気軽にご質問ください。
例:どうしたらパフォーマンスが上がりますか?

コミュニティに参加して質問する
*承認ありがとうございました。などはお気持ちだけで結構ですので、コメント欄にはご質問のみご記入お願いいたします。

お友達に「カラダの通信講座」のメルマガを紹介またはシェアしてあげてください。
身体にまつわる役に立つ情報を随時発信していきます。
下記URLをお友達に紹介してください。
http://goo.gl/izo7MI