基礎トレはやり方次第で選手をダメにする

======================
年末年始の休業日のお知らせ
12月27日(水)〜1月4日(木)

いよいよ来週配信開始。
これを知らずに動作分析ができるとは言えない。
そんな知識が詰まっています。

スポーツトレーナー必見トレーナーとして活動する前に知るべきコト
======================

おはようございます、
体軸コンディショニングのマネージャー山川です。

最近ユニクロでネックウォーマーを買いました。
人生で2度目、5年ぶりくらいのヒートテックでしたが、あまりの暖かさに驚きました。
おかげで寝るときに寒かった首元が暖かくなり、
調子の悪かった喉もすっかり治りました。

今週末の仙台出張前に良いモノを見つけらて
本当に良かったです。
次はヒートテックのジーンズにトライしようと思っています。

さて、スポーツにはオフシーズンがありますよね。
この時期になると、ウィンタースポーツや駅伝以外はほとんどオフシーズンに入ってくるのではないでしょうか?
(オンシーズンなんだけど…と言う方は認識不足ですみません。)

その時に、競技ごとの専門的な動きや技術のトレーニングはせず、基礎体力や身体作りといった基礎トレーニングをする方は多いかと思います。

トップアスリートになればあまりいないのですが、
この基礎トレーニングを疎かにする選手が多いです。
おそらく、基礎トレーニングの成果次第で今後のパフォーマンスの仕方が変わることを分かっているようで分かっていないからです。

では、オフシーズンにトレーニングをしっかりやっていれば、その年は良い結果が出るのかと言うと、
実はそうとも言えません。

なぜなら、
トレーニングには方向性があるからです。

そしてもう一つ、
スポーツ自体にも方向性があります。

どういう選手になりたいのか、
どのようなパフォーマンスをしたいのか、
といった目標に対して、双方の方向性を考えた上で何をするのかを決めなければ、意味がありません。

体力づくりのための走り込みをするにしても、
走り方や走る時の身体の使い方が変わります。

ウェイトトレーニングをするにしても、
フォームや鍛える筋肉が変わります。

などなど、
何気なく行っていた基礎トレーニングのやり方が大きく変わります。
そして、この事はトレーナーはもちろん、選手自身も知っておかなければいけない事です。

詳しくはこちら

実際に、優れた選手はトレーナーに指示されたトレーニングを感覚的に理解し、良ければ継続的に行います。
ただ、感覚的な理解ではなく理論として理解していなければ、その時は良くても再現性が乏しくなります。

ですので、指示するトレーナーも選手自身も理論的に理解する必要があるのです。

あなたは、目標の設定の仕方やトレーニングの指導の仕方などに悩まれている方はいませんか?

もし悩まれているのであれば、
あなたのためにそれらを解決する方法を準備しました。

長年、代表の高橋龍三がトレーナーとして結果を出し続けた理由を細かく説明いたします。
・スポーツをする上での前提となる身体の使い方
・競技ごとの分析する時のポイント
・身体の使い方の違いと良し悪し
などなど、他にも知っておくべき内容があります。

詳しくはこちら

期間限定での配信なので、
一度しか見れない方もいるかもしれません。
ですが、一度ですべてを理解するのは難しいかもしれません。
それほどの内容なのです。

そんな方のために、今なら1ヶ月期間を延長して見ることができます。
繰り返し見ることで、だんだんと理解が深まってきます。
そして、その特典は12月25日(月)までです。

本気でスポーツトレーナーになりたい。
本気で競技パフォーマンスを上げて勝ちたい。

その思いが強い方は、ぜひこの動画を見てください。

詳しくはこちら

*体軸コンディショニングの日々の活動をInstagramにて毎日更新しています。
体軸のInstagramをチェック

*過去の記事は以下のサイトで見れます。
過去のメルマガはこちら

**********************
■ご質問はこちら
メルマガに関するご質問や体軸に関するご質問はコミュニティにてお待ちしております。
初歩的な内容でも大丈夫ですので、お気軽にご質問ください。
例:どうしたらパフォーマンスが上がりますか?

コミュニティに参加して質問する
*承認ありがとうございました。などはお気持ちだけで結構ですので、コメント欄にはご質問のみご記入お願いいたします。

お友達に「カラダの通信講座」のメルマガを紹介またはシェアしてあげてください。
身体にまつわる役に立つ情報を随時発信していきます。
下記URLをお友達に紹介してください。
http://goo.gl/izo7MI