腕の辛さと肩甲骨の関係

こんばんは。
体軸コンディショニングの土屋です。

金曜日の夜の番組で、内村選手が立甲をやっていたのをご覧になりましたか?
凄い立甲でしたね。
立甲をしながら倒立もされていました。

私は立甲を教える立場というのもあり、
ちょっと興奮してしまいました。

この立甲、ヨガでもよく使います。
例えば、太陽礼拝にあるプランクポーズ(板のポーズ)からのチャトランガ。

私は体軸ヨガを習得するまでは、プランクやチャトランガをやる時や、やった後の戦士のポーズの時に腕が辛かったです。

なぜなら、プランクのポーズで立甲が出来ていないと、三角筋などのアウターマッスルが優位に働いてしまい、
その後の一連の動作でもアウターマッスルが優位になってしまうのです。

ところが、立甲をしながらプランクのポーズをとると、腕は辛くありません。
なぜなら、体幹につながっている前鋸筋が働くからです。

立甲を必要としない動作でも、脇を優位に使うことで腕の辛さは感じなくなります。

今ではこのような事が分かりますが、体軸ヨガを受けるまでは全然分かっていませんでした。

体軸ヨガでは、

・優位に使うべき筋肉に力が入っているかどうか、筋肉を触りながら確認しながらアーサナをとっていく。
・ペアでお互いに動きを確認しながら行い、見る目を養っていく。
・繰り返していくことで、自分の身体の感覚も養っていく。

これらをゆっくり丁寧に行っていきます。
すると、身体が整っていきます。

身体の不調を整えるヨガはこちらをクリック

*体軸コンディショニングの日々の活動をInstagramにて毎日更新しています。
レッスンに参加されている立甲女子の写真もあります。
体軸のInstagramをチェック
*過去の記事は以下のサイトで見れます。
過去のメルマガはこちら

**********************
■ご質問はこちら
メルマガに関するご質問や体軸に関するご質問はコミュニティにてお待ちしております。
初歩的な内容でも大丈夫ですので、お気軽にご質問ください。
例:どうしたらパフォーマンスが上がりますか?

コミュニティに参加して質問する
*承認ありがとうございました。などはお気持ちだけで結構ですので、コメント欄にはご質問のみご記入お願いいたします。

お友達に「カラダの通信講座」のメルマガを紹介またはシェアしてあげてください。
身体にまつわる役に立つ情報を随時発信していきます。
下記URLをお友達に紹介してください。
http://goo.gl/izo7MI