体軸と愛し合うカラダの関係

初回開催の割引は今回のみです。

子宮体感アナトミー〜女性のための〜

おはようございます。
体軸コンディショニングのヨガスクールマネージャー太田です。

パートナーとのスキンシップに悩む女性は増えています。
パートナーとの性生活に、満足できない、感じることができない、気持ちよくないといった様子で、満たされないまま、気づけばセックスレスになっている…。

このように、パートナーとのスキンシップに、心の奥底で悩んでいる女性は多いのではないのでしょうか。

体軸に性生活が関係あるの⁈
と驚かれる方もいるかと思いますが、体軸と性生活には、とても深い関係があります。

パートナーとのスキンシップを、より良いものにするために必要なのは、女性が持ち合わせているはずの身体能力を充分に発揮する必要があります。

そのために、女性は「子宮感覚」を高める必要があります。

ところが、自分の子宮を知らない、感じられない、こういう女性は増え、子宮を体感するとさえできず、女性としての資質を失いかけているのです。

日本は、世界で一番セックスレスが多いと言われる国ですが、その理由は、現代の日本人男女のカラダの使い方が衰えてしまったことにあります。

パートナーとのスキンシップをより良いものにするために、必要なことは、まず、アウターマッスルの緊張を取ることです。

カラダを緊張させてマッサージを受るよりも、脱力してマッサージを受けた方が、呼吸もしやすくリラックスできますよね。

これと同じように、緊張したカラダの状態で、いくら触られても、まったく気持ちよくはならないんです。
反対も同じで、ガチガチに緊張したカラダで触わっても、相手を気持ちよくさせることはできません。

だから、アウターマッスルの緊張を取ることは、とても重要になります。

しかし、これだけでは足りません。

さらに、特に女性が、感じるカラダを作るためには、会陰から子宮にかけてある性感帯の感覚を全身に広げることが必要です。
これができると、性感帯から遠く離れた指先に触れただけで感じることができるようになります。

この性感帯の感覚を広げることが重要になってきますが、どうすれば広げられるのでしょうか。

それは、アウターマッスルの緊張をとり、子宮に関わるインナーマッスルを目覚めさせ、子宮感覚を高める必要があります。

子宮に関わるインナーマッスルの衰えは、感度を下げ、感じられないとカラダをつくります。

アウターマッスルの緊張をとり、子宮に関わるインナーマッスルを目覚めさせれば、愛し合うカラダがつくられます。

パートナーとのスキンシップの悩み、解消したい方はこちら

*体軸コンディショニングの日々の活動をInstagramにて毎日更新しています。
体軸のInstagramをチェック

*過去の記事は以下のサイトで見れます。
過去のメルマガはこちら

**********************
■ご質問はこちら
メルマガに関するご質問や体軸に関するご質問はコミュニティにてお待ちしております。
初歩的な内容でも大丈夫ですので、お気軽にご質問ください。
例:どうしたらパフォーマンスが上がりますか?

コミュニティに参加して質問する
*承認ありがとうございました。などはお気持ちだけで結構ですので、コメント欄にはご質問のみご記入お願いいたします。

お友達に「カラダの通信講座」のメルマガを紹介またはシェアしてあげてください。
身体にまつわる役に立つ情報を随時発信していきます。
下記URLをお友達に紹介してください。
http://goo.gl/izo7MI