昔感じていた体力の低下は歳のせいではなかった

こんばんは。アナトミーの鬼の田中です。
最近、また一段と寒くなってきましたね。

駅で電車を待っている時間が辛いので、ギリギリになるように駅に向かった結果、
電車に乗り遅れそうになり、ダッシュをしなければなりませんでした。
とりあえず、間に合って良かったです。

体軸を知る数年前は、駅までのダッシュで息が切れて辛い時期もありました。

その頃は、「体力が落ちたな~」くらいにしか思っていませんでしたが、
実は体力が落ちたのではなく、身体が固まっていた事が原因でした。

もし、あなたも

・駅まで走るだけで息が切れる。。
・体力が落ちた気がする。

と思ったことがあるなら、それは
体力が落ちたのではなく、呼吸の量が減っているのかもしれません。

デスクワークや立ち仕事で、肩や背中がコリ固まっていませんか?
それが原因で胸が膨らみにくくなっているのです。

では、胸を膨らましやすくするために、何をすれば良いのでしょうか?
マッサージも良いですが、今回は、ご自宅や仕事の休憩時間で出来る簡単な体操をお伝えします。

<今のあなたの呼吸の状態>
 
あなたは、首・肩・背中のコリやハリを感じることがありますか?
 
でしたら、一度おもいっきり息を吸ってみて下さい。
 
背中が反りませんでしたか?
肩が上がりませんでしたか?
 
もしそうなら、

背中の筋肉で吸っている。
肩の筋肉で吸っている。

ということになり、胸や肋骨は大きく動いているようで、さほど大きく動いていません。
つまり、呼吸の量は多くはありません。
 
上手く吸えている時は、背中は反らず肩も上がらずに息を吸えています。
そして胸が開く感じがあります。胸の前側も後ろ側もです。
 
このような呼吸が出来るためには、脇の筋肉が重要です。
 
そして、その筋肉は足までつながっています。
  
 
<脇の筋肉>
 
その筋肉は前鋸筋と言い、肩甲骨と肋骨に付いています。
この筋肉が働くと、肩甲骨は外に開き、肋骨は広がります。
 
すると、胸の前側と後ろ側が開くのです。
 
特に、肩甲骨が外に開くことで、背中の後ろ側が開きやすくなるのです。
 
これが非常に大事です。
 
ですので、この筋肉が使えると呼吸の量が増えるのです。
 
  
<つながっている筋肉>
 
この脇の筋肉ですが、単体で働かせるよりもつながっている筋肉と連動させることで、より使いやすくなります。
 
脇の筋肉-腹筋(腹斜筋)-太ももに筋肉とつながり、足裏の筋肉までつながっています。
 
今回は、脇と足裏の2つの体操をお伝えします。
どちらも慣れると10秒で出来る体操です。
 
 
<呼吸をしやすくする10秒体操>
 
〔足裏の体操〕
 
1、足の裏を見て、内くるぶしと外くるぶしを結んだ線をイメージする。
 
2、その線から指3本くらい前の部分をグッと押しながら、足指をグーパーと10回繰り返す。

〔脇の体操〕
 
1、左脇に右手を入れる。
 
2、右の親指以外の4本の指が脇の後ろ側にくるように脇を摘まむ。
 
3、そのまま前に5回、後ろに5回ほど腕を回す。反対側も行う。
 
やってみましたら、息を吸ってみて下さい。
 
先ほどと比べると、背中を反らずに息を吸う事が出来たかと思います。
 
この方が胸の前後が開く呼吸で、呼吸の量は増えます。
これらの短時間で出来る体操で呼吸が変わります。
 
変わると息切れもなくなりますし、肩コリや背中のハリもなくなりますので、
是非試してみて下さい。

筋肉のつながりを知ると、身体の事が色々分かってきます。

自分の身体をメンテナンスするために新たな知識がほしい方は、
こちらをクリック
↓ ↓ ↓
身体を動かしながら学ぶ筋膜リリース

*体軸コンディショニングの日々の活動をInstagramにて毎日更新しています。
体軸のInstagramをチェック

*過去の記事は以下のサイトで見れます。
過去のメルマガはこちら

**********************
■ご質問はこちら
メルマガに関するご質問や体軸に関するご質問はコミュニティにてお待ちしております。
初歩的な内容でも大丈夫ですので、お気軽にご質問ください。
例:どうしたらパフォーマンスが上がりますか?

コミュニティに参加して質問する
*承認ありがとうございました。などはお気持ちだけで結構ですので、コメント欄にはご質問のみご記入お願いいたします。

お友達に「カラダの通信講座」のメルマガを紹介またはシェアしてあげてください。
身体にまつわる役に立つ情報を随時発信していきます。
下記URLをお友達に紹介してください。
http://goo.gl/izo7MI