子宮を感じられない彼女たち

おはようございます。
体軸コンディショニングのヨガスクールマネージャー太田です。

年末に、久しぶりに会った20代後半の友人に相談されました。
「新しい彼ができたんですが、彼との関係が上手くいってないんです…。」

事情を詳しく聞いてみると、最近、生理痛やPMSが酷くて、彼のことは好きだけど、彼に当たってしまうことが多く、彼とのデートは楽しいはずなのに、夜の営みになると憂鬱な気分になってしまうんです。
なぜかその時だけは、触られても気持ちよくないし、むしろ痛いというか…。
といった様子でした。

このように、新しい彼ができたのに、彼との関係で悩んでいる女性は少なくありません。

人は生きていく中で、誰かを好きになり、やがて感情は高まり、触れ合いたい、肌と肌を触れ合わせたいと思うようになり、その究極の形がセックスになります。
セックスは、お互いの愛情を確かめ合うために、必要な最高のスキンシップともいえます。

しかし、セックスが気持ちよくない、満足できない、どこが良いのかわからない…といった形で、セックスに対してネガティブなイメージを持つ女性が多くいます。
そのネガティブイメージのせいで、パートナーとの関係に悩む女性も少なくありません。
なぜ、現代の女性は、気持ちよくない、満足できないと感じてしまうのでしょうか。

それは、カラダの衰えが原因で、子宮を感じる力が衰えてしまっているからです。

男女が愛を確かめ合うためのセックス、
実は、高度な身体能力が必要になってくる行為です。
しかも、スポーツを行うレベルの身体能力です。
これは女性だけの問題では、ありません。
男性の身体能力も大きく関わってきます。

現代の日本人は、男性も女性も、カラダの使い方が衰えてしまっているため、高度な身体能力を必要とするセックスという行為を、満足に行うことができないのです。
セックスをパートナーとの最高のスキンシップにするためには、子宮の感覚を高めつつ、カラダの使い方のパフォーマンスを上げる必要があります。

まず、子宮感覚を高めるために必要なことは、
・体軸筋(インナーマッスル)が優位に使えるようにする。
・骨盤と骨盤底筋群が機能させる。
・子宮と卵巣の血流を良くし、ホルモンバランスを整える。
・体軸を形成する。

このような条件が求められます。
この条件を満たしているか、確認するポイントがあります。

それは、戦士のポーズⅠを行なってみることです。

え?彼との関係を良くするのにヨガなの?
と思われがちです。
相談された彼女にも、「この人、なに言ってるの?」という不信な目で見られました。笑

しかし、案の定彼女は、アウターマッスル主体で戦士のポーズⅠを行っていて、子宮感覚を高める条件は満たしていませんでした。

まずは、カラダの使い方を変える必要があります。
そして、子宮を感じる力を養う必要があります。
そうすれば、彼女のような悩みは解消されていくのです。

子宮の感覚を高める方法を知りたい方はこちら

*体軸コンディショニングの日々の活動をInstagramにて毎日更新しています。
体軸のInstagramをチェック

*過去の記事は以下のサイトで見れます。
過去のメルマガはこちら

**********************
■ご質問はこちら
メルマガに関するご質問や体軸に関するご質問はコミュニティにてお待ちしております。
初歩的な内容でも大丈夫ですので、お気軽にご質問ください。
例:どうしたらパフォーマンスが上がりますか?

コミュニティに参加して質問する
*承認ありがとうございました。などはお気持ちだけで結構ですので、コメント欄にはご質問のみご記入お願いいたします。

お友達に「カラダの通信講座」のメルマガを紹介またはシェアしてあげてください。
身体にまつわる役に立つ情報を随時発信していきます。
下記URLをお友達に紹介してください。
http://goo.gl/izo7MI