こどもの成長を見守るために必要なこと

こんにちは。フィジオスクール校長の田中です。
最近、長男がまた変わってきました。
成長してきたのです。

以前までは、自分の意見を言えずにグズることが
まだまだあったのですが、
それがほぼなくなりました。

本人の努力や成長があったことは間違いないと思いますが、
実は、親である私がある方法で変わることで、
長男が変われたのだと思います。

続きはこちら

私は気を付けているつもりでも、
つい、こどもに口を出してしまうことがあります。

「宿題やったか?」
「明日の準備をしたか?」
などです。

ただ、ある程度の年齢になると、
こどもなりに、目標を立てて努力していているんですね。笑

なかなか親が考えているペースで宿題や明日の準備はしてくれませんが、
こどもなりに考えています。
それを待てるようになりました。

待つことは当たり前というか、理想ですが、
なかなかできなくないですか?

だって、仕事や家事でコッチは忙しいですから。
たまにはテレビとかも見て、ゆっくりしたいですし。笑

だから、待てない時があります。
待てずに、手伝ったりしてしまいます。

ただ、こどもが考える前に大人が何でも手助けをしてしまっては、
こどもの思考力が育たず、意味がありません。

自分で考える習慣をつけるために、
目標をたてる→達成するために考える→努力する→目標を達成する
この過程をくり返す環境を作ることが大切です。

その環境が親である私たちです。
では、環境である親が変わるためにはどうするか?

「夫(妻)と離婚して、新しい人を迎えよう…」
なんてことは考えないでくださいね。笑

(いや、どうしても必要は人は考えてみてください。。。)

そうじゃなくて、まずは自分を変えましょう。
それも性格じゃなくて、身体を。

私たちの身体は、思った以上に疲れています。
緊張もしています。

その状態では、つい、口を出してしまいやすいのです。
ですので、親であるあなたの身体を整えましょう。

その簡単な方法がこちら。
クロスポイントの体操

この体操は、インナーマッスルを使いやすくする体操で、
基本的には、こどもの運動神経を高めるために行う体操です。

それと同時に、身体の緊張を取り除く効果もあります。
これをマメにやると、自然とこどもに口を出す回数が減ります。

最近、やっていなかったのですが、
やっぱりやると違いますね。

簡単なので、おススメですよ。

そして、こどもの成長を見守りましょう。
大人も忍耐が必要ですが、
こどもと一緒に成長していきましょう。

===================================
こどもの運動神経を高める体操や
親の緊張を和らげて、育児を楽しくする体操は
パームセラピーでお伝えしています。
詳細はこちら
===================================
【こどものケガの予防】ハンドブックはこちらから無料でダウンロードできます。
https://fs223.formasp.jp/p642/form4/