お前、ケツ垂れてんな~。

こんにちは。
体軸コンディショニングスクールの馬場です。

学生時代、自己流ながらもトレーニングにハマっていた私は、
ヒップアップのために、毎日お風呂上りにバックキックをしていました。

デニムパンツが綺麗に履けるといいな。
脚が長く見えるようになるといいな。

そう思いながら、一生懸命トレーニングをしました。

そして一ヶ月ほど経ったある日、
彼氏が私にこう言ったのです。

「お前、ケツ垂れてんな~。」

最初は、なんてデリカシーのない男なんだと憤慨しましたが、
後で冷静になって自分のお尻を鏡で見てみると、、、

私のお尻は、すっかり下がっていて、
理想とはかけ離れた、だらしのない形になっていたのです、、、!

ヒップアップを目指してトレーニングを頑張ったのに、
逆に垂れ尻になってしまい、とてもショックを受けました。

なぜ、バックキックで私のお尻は垂れてしまったのでしょうか。

バックキックは、四つん這いになって、
片脚を後ろにけり上げるようなトレーニングで、
主にヒップアップの効果があります。

当時、私が行っていたバックキックは、
腕で体幹を支えていたので、
片脚を蹴り上げたときに腰がかなり反っていました。

腰が反るということは、腰を支点にして脚を上げているということです。
お尻の筋力が弱かったので、腰を代償にして、脚を上げていたとも言えます。

腰を支点に、かつ代償にしたトレーニングを行っていた結果、
お尻の筋肉を使う事ができず、お肉が垂れてしまったのでした。

バックキックでヒップアップ効果を出すためには、
支点をある場所に置く必要があります。

その支点とは、ずばり

『坐骨』

お尻の筋肉は、腸骨稜(骨盤の上の方)から、大転子( 脚の付け根の外側  )の付近についています。
この坐骨を支点にして脚を蹴り上げることで、腸骨稜と大転子が寄り合うので、
お尻の筋肉をきちんと収縮させることができるのです。

坐骨を支点にするためには、体幹の支え方も重要になります。

前鋸筋 / 腹斜筋 / 大腰筋 / 内転筋群 等、
これらのインナーマッスルを優位にして、四つん這いになる必要があるのです。

ピンとこない方は、脇 / 脇腹 / 股関節 / 内ももを手で摩ってから
四つん這いになってみてください。
無理なく、楽に体幹を支えることができるはずです。
これが、インナーマッスルを優位にした身体の使い方なのです。

体幹トレーニングで効果を出すためには、
小さな力で体幹を安定させることが大前提です。
そうすることで、脚は股関節や坐骨から、腕は肩甲骨から動かすことができるので、
トレーニングの効果が出やすくなります。

体幹が不安定のまま行うと、必要のない力みが生じ、
思ったような効果を出すことができないので、注意しましょう。

体幹トレーニングは、バックキックの他にもV字腹筋やサイドプランクもあります。
他の種類の効果的なトレーニング方法を知りたい方は、こちらの講座をチェックしてくださいね。

大阪 8月11日(日)身体で感じる体幹トレーニング〜鍛える筋肉 鍛えない筋肉〜

東京 9月1日(日)身体で感じる体幹トレーニング〜鍛える筋肉 鍛えない筋肉〜