こどもの運動上達のカギは脇にある

こんにちは
理学療法士の中山です。

脇が甘い、脇を締めるという言葉があるように、
運動において脇の使い方は重要な要素の1つとなっています。

とは言うものの実際、脇を締めるって
どういうことかよく分からなくないですか?

言われるままにただ脇を閉じてみても運動は上手になるどころか
さらに動きが固くなったということもあります。

では、上手な脇の使い方とは
いったいどういうものなのか?

一緒に見ていきましょう。

〔脇を締めるってどういうこと?〕

脇を締めるというのは、脇の筋肉を使うということです。

具体的にいうと前鋸筋と呼ばれる脇の筋肉です。

前鋸筋は肩甲骨を外に引っ張り肩の安定性を高めたり、
筋膜で繋がりのある体幹や股関節の筋肉を使いやすくしてくれます。

そのため、無駄な力みがなかったり体幹を上手に使うことができます。

〔脇が締まっていないとどうなるの?〕

逆に、脇が締まっていないこどもは

・肩が上がっている
・動き出しが遅い
・力が弱い
・バランスが悪い

などの状態に陥りやすいです。

これらは脇の筋肉が使えていないことにより
力がうまく発揮できなかった結果
起きたものだったりします。

脇の筋肉を使えるようにするためには
次の体操がおすすめですので試してみてください。

〔脇の筋肉を使いやすくる体操〕

・親指を脇の下に入れ肩甲骨を掴むように押さえる。
・押さえたまま腕を前後に5回ずつまわす。
・反対の腕も同じように行う。

動画はこちら
https://youtu.be/rAkCAfS3zsY

走る、投げる、跳ぶ等なんでも良いのですが、
運動を行う前にこの体操を行い
脇の筋肉を使いやすい状態にすることにより

・無駄な力みが減る
・スムーズに力を発揮しやすくなる
・バランスが取りやすくなる

などの効果が得られるようになります。

運動において脇を締めることは大事なことです。

しかし、それは見た目のことだけではなく
脇の筋肉を使いながらその運動を行うことでもあります。

見た目だけにとらわれると運動の上達は難しくなりがちですので
この点を忘れず取り組んでみて頂ければと思います。

ぜひ、試してみてください。

===================================
こどもの運動神経を高める体操や
親の緊張を和らげて、育児を楽しくする体操は
パームセラピーでお伝えしています。
詳細はこちら
===================================
【こどものケガの予防】ハンドブックはこちらから無料でダウンロードできます。
https://fs223.formasp.jp/p642/form4/