太ももが固まると靴底がすり減る

あなたの靴底を見てみて下さい。
カカトがすり減っていませんか?

それは歩き方が悪いというより、太ももの筋肉が固いことが原因です。

そして実は、その太ももの固さは手の体操をするだけで柔らかくする事ができるのですが、あなたはこのことをご存知ですか?

 なぜ靴底の外側がすり減るのか?

カカトの外側がすり減る原因は、実はO脚やガニ股にあります。
そのO脚やガニ股には2つの特徴があります。

1つは、太ももが外に捻じれた状態であるということです。
この状態で歩くと誰でもカカトの外側が擦れてしまいます。

そのような脚は太ももの内側の筋肉(内転筋)が使えてないことが多く、その分、太ももの外側(大腿筋膜張筋)がパンパンな状態となっています。

そして、もう1つの特徴は、股関節の動きが制限されているということです。
股関節の動きが制限されていると、歩くときに重心の移動が上手くできません。

代わりに身体を横に揺らして重心移動を行うのですが、その状態で脚を振り出すと、カカトの外側を擦りやすくなります。

ですので、靴の外側がすり減る原因は、

・内側の筋肉が弱い。
・重心移動に必要な股関節の動きが少ない。

この2つとなります。

2つをまとめて解消するポイント

先ほどの2つに対して、筋トレやストレッチをするだけでもかなり変わりますが、実は、その2つをまとめて解消するポイントがあります。

それは、みぞおちです。

がに股やO脚の方のみぞおちを触ってみると、固いことが多いです。

みぞおちには複数の筋肉がついています。

固まってしまっている状態になると、中でも表面の腹筋(腹直筋)が固くて、奥深くにあるインナーマッスル(大腰筋)が上手く使えていない状態になっていることがほとんどです。

インナーマッスルが使えなくなっていると、つながっている内ももの筋肉が働きにくくなってしまいます。

ですから、腹筋の余計な筋肉がなくなり、インナーマッスルを働きやすくなって、内ももの筋肉が使いやすくなり、太ももの外側の筋肉は柔らかくなります。
そして、ガニ股やO脚の改善につながります。

また、インナーマッスルは股関節の動きにも関与しています。
ですので、股関節の動きがスムーズになって重心移動ができるようになります。

みぞおちをほぐして、インナーマッスルを使いやすくする体操はコチラ

もっと手軽に行う方法

みぞおちの固さは緊張した腹筋が原因ですが、腹筋の余計な緊張をちゃんと落とすと時間がかかります。

先ほどのみぞおちほぐす体操も効果はありますが、実を言うと手からも緊張を落とすことでもっと簡単に腹筋の緊張を落とすことができます。

手からできるなら、座っていても立っているもいつでもやりやすいですよね。

なぜ、手からアプローチするとみぞおちが柔らかくなるのでしょうか。

腹筋は胸にある胸の筋肉(大胸筋)~手の筋肉(屈筋群)まで続いているのです。

ですので、手からアプローチすることができるのです。
写真を見ながらやってみましょう。

1、右手を前に伸ばす。

2、その手と腕を横に広げていき、胸と腕の筋肉の突っ張る感じが出るところで一旦動きを止める。

3、左手でみぞおちを触る。
すると、もう少し右腕を広げることができる。

4、左手で右の脇の下(前鋸筋)を触る。
すると、、さらに右腕を広げることができる。

*脇の下とみぞおちは、私どもが考えているインナーマッスルを使いやすくするポイントです。

ここまでやると、かなり胸の筋肉~手の筋肉までが伸びます。

試しに終わったら、みぞおちを触って固さを確認してみてください。
おそらく、柔らかくなっているかと思います。

このように、手から腹筋の緊張を落とすことができます。

みぞおちが柔らかくなるとインナーマッスルが使いやすくなり、靴の外側がすり減りにくくなります。
靴底を見て、靴の外側がすり減っていたという人は、ぜひ試してみてください。

<まとめ>

・靴の外側がすり減るのは、太ももの内側の筋肉が弱いことと、股関節の回旋が少ないことが原因。

・インナーマッスルが使いやすくすると、股関節の動きが良くなる。また、インナーマッスルとつながっている内ももの筋肉も使いやすくなる。

・みぞおちの表面にある腹筋が固いと、奥にあるインナーマッスルは働きにくい。

・手や腕の筋肉から、腹筋の固さをとることができる。

【間違いだらけの筋力トレーニング】
【筋膜アナトミー】
【体幹の強さを判断する方法】

などは、こちらから無料ダウンロードできます。
metaaxis.co.jp/pdf/

The following two tabs change content below.
体軸コンディショニングスクールは、施術,スポーツ,仕事… すべてのパフォーマンスを向上させたい方のために、体軸理論の情報をお届けするスクールです。 あなたが体軸を形成できるように身体のバランスを整える方法や、スポーツや施術におけるパフォーマンスを高めるための情報をお伝えしています。 体軸コンディショニングスクールは、同じ考え方を持った4.5万人を超えるファンの方に支えられています。

ABOUTこの記事をかいた人

体軸コンディショニングスクールは、施術,スポーツ,仕事… すべてのパフォーマンスを向上させたい方のために、体軸理論の情報をお届けするスクールです。 あなたが体軸を形成できるように身体のバランスを整える方法や、スポーツや施術におけるパフォーマンスを高めるための情報をお伝えしています。 体軸コンディショニングスクールは、同じ考え方を持った4.5万人を超えるファンの方に支えられています。