足首の固さは股関節から整える

地面にかかとを付けたまま座ることできますか?

足首が固いと、
バランスをとることが難しく、倒れてしまうですが、
実は足首のストレッチだけでは、柔軟性を出すことはできません。

足首を柔らかくするには、
単純に足首のストレッチをするより
股関節も使えるようにすることが効果的です。

ではなぜ、
股関節と足首の固さは関係があるのでしょうか?
足首と股関節のつながりを見ていきましょう。

 

股関節と足首の固さのつながり

足首が固くなってしまう原因の一つに、
スネ(前脛骨筋)が固さがあります。

 

前脛骨筋は、
スーパーフィシャル・フロント・ラインという筋膜のつながりで、
骨盤から膝下までつながっている前もも(大腿直筋)も固まります。

前ももが固まると、
盤から膝にかけての動きを制限することになるため、
股関節の動きを制限されてしまいます。

 

そうすると、股関節を正常に使うために重要な
大腰筋〜ハムストリングス〜後脛骨筋(ふくらはぎの奥)の
つながりを働きにくくなってしまいます。

つまり、
足首の状態を良くして柔らかくするためには、
スネをほぐすだけでは十分ではなく、
股関節の状態を整える必要があるのです。

股関節から足首をつなげて使いやすくする2つのワーク

 

それでは、
スネ周りの状態と、股関節を整えるワークを
一緒にやっていきましょう。

 

ワークをやる前に、足首の曲げ伸ばしや回したりして、
今の足首の動かしやすさや可動域を確認してください。

 

確認ができたら、次の2つのワークをやってみてください。

股関節スクワット

  1. 骨盤幅で、つま先と膝が同じ方向を向くように立つ。
  2. そけい部に手を当てて、膝の位置が変わらないようにお尻を後ろに突き出す。
  3. 太ももの裏が張りを感じたら、お尻と太ももの間を締めるように身体を起こす。

足首のクロスポイント

  1. 右脚を伸ばし、左足をかける。
  2. 左足の内くるぶしから指4本上のアキレス腱側を親指で押させる。
  3. 足首を大きく回す。
  4. 逆の脚で1〜3を繰り返す。

 

2つのワークが終わったら、足首の柔らかさを確認してみてください。

 

足首だけではなく、股関節を使いやすくすることで、
足首が柔らかくなるのです。

 

このように、身体のつながりを考えたトレーニングや
身体のケアに興味を持ってくださった方は、
こちらの無料eBookをダウンロードしてください。

【間違いだらけの体幹トレーニング】

【体幹の評価とコンディショニング】

The following two tabs change content below.
体軸コンディショニングスクールは、施術,スポーツ,仕事… すべてのパフォーマンスを向上させたい方のために、体軸理論の情報をお届けするスクールです。 あなたが体軸を形成できるように身体のバランスを整える方法や、スポーツや施術におけるパフォーマンスを高めるための情報をお伝えしています。 体軸コンディショニングスクールは、同じ考え方を持った4.5万人を超えるファンの方に支えられています。

最新記事 by 体軸コンディショニングスクール (全て見る)

ABOUTこの記事をかいた人

体軸コンディショニングスクールは、施術,スポーツ,仕事… すべてのパフォーマンスを向上させたい方のために、体軸理論の情報をお届けするスクールです。 あなたが体軸を形成できるように身体のバランスを整える方法や、スポーツや施術におけるパフォーマンスを高めるための情報をお伝えしています。 体軸コンディショニングスクールは、同じ考え方を持った4.5万人を超えるファンの方に支えられています。